2013年10月2日

洗濯物干しは5分で! 時間短縮するためにはモチベーションが鍵です。

laundry-250

こんにちは! 洗濯はなるべく時間短縮したいヨス(@yossense)です。

やっぱね。一人暮らしだったら3、4日に1回だった洗濯ですが、子どもが三人もいると、毎日洗濯しててもそれはそれはものすごい量になります。

洗濯はいいんですが、干すのがですね~、結構時間を取られて、時間がもったいない。ということで、ちょっとでも洗濯物を干す時間を短縮するやり方をご紹介します。

とにかくモチベーションが鍵

photo credit: h.koppdelaney via photopin cc

私が思うに、洗濯物を干すのとか、家事ってモチベーションがすべてではないかと。

だって、家事には終わりが無い訳ですよ。100点満点の基準はその人次第で、Aさんの100点はBさんの5点ということだってあるかもしれません。ええ。私はAさんタイプだと思います。

とにかく時間を作りたい

まぁ私の場合は、在宅で主夫をしていますが、家事の時間は最大限に削って仕事をする時間を捻出しないといけません。だって、午後4時前には子どもたちが帰ってきますから。勝負は午前中なんです。

なので、ぶっちゃけ洗濯物を干すのに10分も使ってたら大変です。10分あったら文章とかデザインとか、結構なことができちゃいます。

モチベーションを上げる!

そう。早く洗濯物干しを終えたいのなら、モチベーションを上げないとダメです。タラタラやっていたら時間がもったいない。

でもどうやればやる気になるのでしょうか? こんな洗濯カゴを目の前にして……。

洗濯カゴ
洗濯物がたっぷりの洗濯カゴ

もうこのカゴいっぱいの洗濯物を見るだけでモチベーション下がりまくりです。

見た目だけでも減らす

私はいつもこんな洗濯カゴ見るのが嫌なので、とりあえず見た目が減ったように見えるようにします。

どういうことかと言うと、服とかタオルとかズポン、スカートなど、体積が大きいものを分けて一旦見えなくするんです。具体的には、物干し竿にガバっと引っ掛けます。見た目もへったくれもありません。

そうするとどういうことになるかと言うと……。

洗濯物が減った
あら不思議!! 洗濯物が減った!

これだけならやる気になりますよね。

一気にやっつけましょう

そう。見かけだけでも減れば、一気にモチベーションがUPするんですよね。

洗濯物って結局、服とかタオルがかさばっているだけで、そんなに無茶苦茶な量はないんです。高速道路の料金所に車が渋滞してても、大型トラックが多い方に行ったほうが列が長くても早く行けるという理論と同じです(この場合、トラックが大きくて列が長く見えているだけ)。

その他のコツ

ちなみにそのほかにはこんなことに気をつけると良いです。

1服の種類で仕分ける

上で書いたように、一見減ったように見せるときに、仕分けをしながら物干し竿に引っ掛けていくのがオススメです。服はこっち、ズボン&スカートはこっち、下着は……タオルは……みたいに。

2干し方のルールを決める

例えば、ズボンはハンガーを使わずに、物干し竿にかけて、大きめの洗濯バサミではさむだけ、タオルは……下着は……って感じで。とにかく考えなくてもいいように、干し方のルールを決めるんです。考える余地があると時間が無駄に過ぎますので。

極限まで考えるのを抑え、単純作業にしましょう。

3ハンガーとか洗濯バサミは多めに用意

洗濯を吊るときに、ハンガーや洗濯バサミを探さなければいけない状態はダメです。

必要量の2倍ほどあれば、さっと取れます。しかも、場所も決めておいたところに置いておくとベターです。

4シワは気にしない

ここは意見が分かれると思いますが、私は一切、シワを伸ばすためにパンパンやったりしません。そんなの面倒くさいw。

個人的には、シワを伸ばさなくても全然気になりません。まぁ、この気になるレベルも個人で違いますから、なんとも言えません。一度やってみて、どうしても気になる方は、パンパンやった方がいいでしょうね。私はクオリティーよりも時間短縮を優先させているので。

追記: 靴下の干し方

効率の良い靴下の干し方を編み出しました。

効率の良い靴下の干し方
効率の良い靴下の干し方

そもそも靴下を履かない生活にするというアイデアもありますが、履く場合は、こんな干し方が最速だと思います。

さて、本日は洗濯物を干すときのコツをお話しました。こんなことを言うと身も蓋もないのですが、乾燥機、もしくは乾燥機能のある洗濯機があると一件落着なんですよね。だって干さなくていいですもんw。

まぁ、ウチにはそんなステキな文明の利器がないので、こんな感じで干すときに工夫するしかないんです。

この洗濯物を干すときに、以前紹介した、タイマーを使って期限を決める技を組み合わせるともっとスピードアップしますよ!

ちなみに私は、5人家族分の洗濯干しは5分でやっています。とにかく、洗濯物を干している間は無言で、真剣に、本気で干すことが重要ですよ~。私はあまりにもマジな顔で干しているので、見られるとビックリするかもw。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!