2014年2月4日

iPad用キーボードのオススメは?! 買うときの選ぶ基準別に紹介

ipad-keyboard-recommendation-250

こんにちは! iPad用のBluetoothキーボードを買うために2ヶ月悩み続けたヨス(@yossense)です。

今回は、iPad用のキーボードを買うときに悩んだ、私の思考をまとめてみました。iPad用キーボードどうしようか……って思っている方には参考になると思いますので!

iPad用のBluetoothキーボードを選ぶ基準とオススメ

iPadはキーボードがなくとも、タッチパネルで文字の入力ができます

それなのにiPad用のキーボードを探すということは、業務効率を上げたいという明確な目的があるということ。

そこで、この記事ではキーの押しやすさを念頭に入れながら、わたしなりに良いと思うものを絞って紹介しています。

とにかく小さいキーボードがほしい

持ち歩くことを前提にiPadを持っている方にとって、大切なことはキータッチだけではありません。

持ち運びしやすい「軽くて小さいキーボード」というのは必須条件です。

大きかったらバッグに入れるのやですよ。重いのもゴメンです。iPadだけでも重いんで。

携帯性(軽くて小さい)と入力しやすさを追求すると、折りたたみ式キーボードはかなり最強そうです。

折りたたみ式でオススメのキーボードは「リュウド」

折りたたみ式キーボードを買うときに気をつけたいのは、キーボードの配置です。

「キーボードの真ん中辺りで折りたたむ」という特性のため、キーの配置が普通のキーボードとズレるものがあるんです。

折りたたみ式のキーボード
折りたたみ式のキーボード

具体的に言うと、折りたたむときに、キーの真ん中で折るわけにはいかないため、PC用のキーボードよりBなんかの位置が右側に来ます。

ところがこちらのリュウドのキーボードはそれがうまく回避されているようです。

なので、折りたたみ式なのに普通のキーボード配置に限りなく近いです。

半角/全角の切り替えキーが便利!

このキーボードのステキなところは、「半角/全角」の切り替えがワンタッチでできること。

ふつうはUS配列のキーボードにはこの切替キーはないんですけど、すばらしいですね。

出典: Amazon「リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード RBK-3200BTi」

さらには 折りたたんだら勝手に電源がOFFになってくれますよー。

この折りたたみ式だと、タブレットじゃなく、スマホと一緒にポケットに入れて超コンパクトに使うこともできるんですね。これは素晴らしい!!

カッコいいやつがほしい

iPadをノートパソコン代わりにカフェで使う……憧れるシチュエーションですよね。デキる人って感じです。

そうなると出来ればカッコいいキーボードがいいですよね。やっぱ自慢したいもの(笑)。

どう見てもノートPCと同じなキーボード(iPad用)

iPad専用で言うと、こちらのロジクールの「iPadと一体になるキーボードカバー」が絶対的な魅力があります。

ノートPCみたいになるキーボード
ノートPCみたいになるキーボード

これの何がスゴイって、強力な磁石でiPadがこのキーボードに合体するんです。

まさにノートPCと同じです。そのままノートPCみたいに折りたためます。スタイリッシュですね。

しかも、ロジクールって、私の大好きなマウス「トラックボール」で絶大な信頼を持っているというのもポイントが高いです。

ちなみにUS配列のみとなっています。

どう見てもノートPCと同じなキーボード(iPad mini用)

こちらはiPad mini用です。これもUS配列のみです。

どう見てもノートPCと同じなキーボード(iPad Air用)

そしてこちらはロジクールキーボードのiPad Air用です。こちらもUS配列のみです。

どう見てもノートPCと同じなキーボード(iPad Air 2用)

で、これはロジクールキーボードのiPad Air 2用。

こちらもUS配列のみです。

ただ、このロジクールのキーボードカバーは「iPad用」「iPad mini用」「iPad Air用」「iPad Air 2用」みたいに機種が変わると買い直さないとダメなんですね。

なので、今後iPad miniも買うかも知れないな~って思っていると、ここが悩みどころにもなりますね。

iPad Pro 9.7インチならやっぱりSmart Keyboard

iPad Proの9.7インチの場合はやっぱりApple純正のSmart Keyboardですよね。

完璧な親和性、デザイン性はさすがです。これもUS配列のキーボードしかありません

携帯しないので「入力しやすさ」だけを追求したい!

わたしはiPad Proをイラスト専用に買ったのですが、せっかくなのでPCみたいに使いたくなりました。

そうなると、そもそもiPad Proは持ち運べないので重くて携帯性が悪くてもいいから、とにかくタイピングのしやすい最強キーボードが欲しくなりました

入力しやすさを最優先させるなら、わたしにとってはとにかく「東プレ」のキーボードです。

私の絶賛する東プレのキーボード「Realforce」
私の絶賛する東プレのキーボード「Realforce」

ですが東プレさんはいつになってもBluetoothのキーボードを開発してくれません。

そんな中ついに登場したのがHappy Hacking Keyboard(HHKB:ハッピーハッキングキーボード)のBluetooth版!!

iPad Proのパソコン度が一気にUP!!
iPad Proのパソコン度が一気にUP!!

見て下さいよ、このパソコン度!!

このHHKBを製造しているのはPFUという会社ですが、東プレからOEM供給されているので、東プレの「Realforce」と同じ静電容量無接点方式なんです!!

HHKBのBluetooth版が最強すぎる!!

もうこの「HHKB」の素晴らしさは動画で見てください。

ほんとにPCと同じような感覚でスマホやタブレットでキー入力ができます。いやはやステキすぎる……。

とにかく家でガッツリiPadを使って文章を打ちたいという方にはこのHHKB以外の選択肢はありません。最強すぎますので。

わたしはJIS配列(日本語配列)が好みなので、こちらにしています。ただ、キートップの刻印と出力文字はズレます。

US配列版もあります

このHHKBのBluetooth版ですが、US配列のものもあります!

こだわりたい方はこちらから。

さらには、キートップに文字が印字されていない超マニアックな「無刻印タイプ」のUS配列キーボードもあります。

マニア以外には必要ないですけどね(笑)。

わたしはこのキーボードを愛用しています

わたしはこのキーボードを買って大満足です。

その記事はこちらにガッツリ書いていますのでご参考に。

3万円ぐらいするので気軽には買えませんが、触ってみると「ああ……幸せ」ってなって価値がわかるはず。まぁ、ちょい変態ですね(笑)。

複数端末で使いたい! スイッチひとつで切り替える!

Bluetoothキーボードをいろんな端末で使いたいことありますよね。

スマホ、タブレット、PC……みたいに。でも、スマホで使っているのを今度はタブレットにBluetoothを繋ぎ直す……とかめんどくさすぎます。

そんなときに、ボタンひとつでスマホからタブレットに変更できたら便利だと思いませんか?

とりあえずこの動画を見てくださいよ!

そうなんです! それができるキーボードがあるんです。

それがわたしのお気に入りのメーカーLogicoolの「K380」というBluetoothキーボード。

スイッチひとつで操る端末を切り替え?

キーボード左上にある色の違う3つのボタンを押すだけで、キーボードを繋ぐ端末をスマホからタブレットへ一発なんですね。

こんなことを考える人、ほんとにすごいですよね。発想がすごい。

わたしはスマホにはキーボードは要らないという考えですが、こんなに簡単にBluetoothを切り替えられるんだったらアリですね。……。

ブロガーのわたしなら、iPod touchiPad Proで違う記事をそのときの気分で書き分けるとか、アリかもしんない。

個人的にこのキーボードは触ってみたい……。面白そう。 2016年6月21日追記: なんと! これを読んだLogicoolの担当の方が「ぜひ触ってください!」と商品を送ってくださいました。

詳しくはこちらの記事でレビューしています。

さて、今回はiPad用のキーボードを選ぶときの指標のようなものを書きました。

キーボードって、ほかのアイテムよりも実際に触ることが大切だと思いますが、お店では実際に触らせてもらえるところが少ないんですよね。

もうビックリですが。実店舗の利点が活かせてないやんッて思います。

私はiPad用のキーボードを買うために2ヶ月ぐらい悩みましたので、この記事がちょっとでもお役に立てれば嬉しいです。

携帯性、操作性などを総合的に見るとリュウドが万人にオススメかなと思います。

ちなみにiPad Pro用としてわたしがお気に入りなのはこちらのHHKBです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!