2016年4月22日

君は全部知っているか?! iPhoneの文字入力で絶対チェックしたいテク8選

input-smartphone-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はスマホ(iPhone)を持ちはじめて間もない方に向けて書きました。iPhoneで文字入力するときに絶対に知っておきたい小技たちばかりですっ!!

スマホ(iPhone)で文字入力するときに覚えておきたいこと

ではiPhoneで文字入力するときに知っておきたいことです。まずはフリック入力から、最終的には「音声入力」まで紹介します。

フリック入力という入力方法

まずは「フリック入力」という入力方法を知りましょう。

え? なにそれ?って方はこちらを見てください。

フリック入力はこちらです
フリック入力はこちらです

を下方向に指でスライドさせてを入力する方法ですが、めちゃくちゃ速く入力できるでしょ??

このフリック入力のキーボードに変えるには、左下にある「地球アイコン」をタップするとOKです。キーボードが切り替わりますので、上の画像のようなキーボードにしてください。

ガラケーの入力方式は「トグル入力」

では今までガラケーでやってきたこういう入力方法ってなんて言う名前でしょうか?

トグル入力はこちらです
トグル入力はこちらです

実はこれ「トグル入力」って呼ばれます。

上にあった「フリック入力」とスピードを見比べてください。どうあがいてもフリック入力のスピードには敵いません。

なので、もう一秒でも早く「トグル入力」とはお別れしましょう!

トグル入力ができなくする方法

このトグル入力ですが、設定で使えなくする(フリック入力だけにする)ことができます。

フリックのみ設定
「フリックのみ」をONに

iPhoneでの設定の仕方は[ 設定 ] → [ 一般 ] → [ キーボード ] → [「フリックのみ」をONに ]です。

Android機種でも設定できるので、さっさとトグルさんとはお別れしましょうね!

フリック入力の練習にオススメアプリ

iPhoneでフリック入力の練習をするときにオススメのアプリはこちらです。

「にゃんこフリック道場」ってアプリですが、マジで最強です。これは確実に速くなります。

Androidでは特打フリックなんかが良さそうですね。

両手フリック入力

お次は両手フリックについてです。

たぶん、フリック入力を覚えても利き手だけで片手でやるのが普通ではないでしょうか?

フリック入力で速くなったスピードを、両手でやることでさらに速くなるんです。

両手でフリック入力する
両手でフリック入力する

上の画像のように、スマホを片方の小指で落ちないように固定するのがコツです。わたしの場合は左手の小指で固定しています。

入力するときの指はわたしは左右の親指を使っていますが、これはいろんな方がいます。左手は親指、右手は人差し指のように。

くわしくは下記にて書いています!

「カッコ」の入力は一発で

文章を打っていると割と頻繁に出てくる「カッコ」。

iPhoneでは「iOS8」からは普通にを左右にフリックすることで出るようになりました。これは超便利なので覚えておきましょう!

「や行」でカッコの入力が!
を左右にフリックすることで「括弧開き」「括弧閉じ」は出るようになっています

ほかの記号(「→」とか)はこちらの方法を使うと便利になります。

一時的に数字・アルファベットを入力

フリック入力で24時間って入力するときって面倒じゃないですか?

ほかにも365日Aタグとか、数字+日本語、アルファベット+日本語みたいなとき。

そんなときに便利な技があります。それは一時的に☆123とかABCを押したままにする方法です。

うーん。説明がややこしいですが、下の順にやってみてください。

1「☆123」を指で押したままにする

24時間と入力したいとき、ふつうなら左側にある☆123キーをタップして、「数字キーボード」に切り替えます。

で、数字の24を入力したあと、今度はあいうを押して、日本語キーボードに戻さなくてはなりません。めんどくせー。

一時的に「☆123」を押したまま入力する
一時的に☆123キーを押したままにする

ここで伝えたい方法はこうです。まず、☆123キーを押したまま(指を離さずそのまま)で、数字の24を入力します。

変換キーを押したままにすると、押している間だけそのキーボード(ここでは「数字キーボード」)に変わってくれるんです! 押している間だけ!というのがキモです。

2「☆123」を押している指を外す

☆123を押している指を外す

「24時間」のように「数字+日本語」を入力するときに便利
24時間のように「数字+日本語」を入力するときに便利!

で、24を入力したあと、☆123キーに置いている指を離すと「日本語キーボード」に戻るんですね。

4649(ヨロシク)も打ちまくりだぜベイベー!
4649(よろしく)も打ちまくりだぜベイベー!

物理的にはあいうをタップする1回分楽になるだけですけどね。

これ書いていて「めっちゃ地味やわぁ……」と思いますが、本当に地味です。でも便利ですよー。

シェイクすると戻れる

パソコンを使っている方だと多くの方が知っているのがCtrl+Z(Macの場合はCommand+Z)です。このショートカットを使うと、1つ手前の動作に戻れます。

例えば文章を入力していて、間違えて「削除」キーを押してしまったことってないですか?

大事な文章(しかも長い文章)を消してしまったときに、このショートカット1つで戻せる……という神ショートカットです。これ、スマホにもあるんですよ。

どうやるかというと、iPhone本体をシェイクする(振る)だけ!!

まぁ、周りに人がいっぱいいる中でシェイクしまくってたら「この人どしたんやろ?」って思われそうですけど。この技、基本なんですが意外と知らない人もいるので。

手書きで漢字入力

例えば、読めないけど「鰈」って漢字を入力したいときってないですか? (←ちなみに「かれい」です)

わたしはめっちゃあります。

「已」って漢字とか読み方わかんないですよねー。「イ」って読むんですが、「己(おのれ)」「巳(ミ)」と紛らわしくて覚えにくいんです。

そもそも、「イ」って読む漢字なんて100個以上あるのでその中から選ぶのも不便。そんなときに手書きで検索できたらなぁ……って思ったことないですか?

文字を手書きで検索できる方法があるんですよ!
文字を手書きで検索できる方法があるんですよ!

簡単に言うと「中国語入力」のキーボードをインストールしてやると手書き検索ができるようになるんですよ!

そう。中国語キーボードには手書き機能があるんですね! やり方はこちらです。

1「新しいキーボード」を追加

[ 設定(歯車アイコン) ] → [ 一般 ] → [ キーボード ]→ [ もう1回「キーボード」]→ [ 新しいキーボードを追加... ]を選びます。

「新しいキーボードを追加...」をタップ
「新しいキーボードを追加...」をタップ

2中国語(簡体字)を選択

ズラーっと、いろんな言語のキーボードが出てきます。

「中国語(簡体字)」を選択
「中国語(簡体字)」を選択

その中から「中国語(簡体字)」を選択してやります。めっちゃ下の方にあります。

3「手書き」を選択

5ついろいろ出ますが、その中から「手書き」を選択します。

「手書き」を選択
「手書き」を選択

これで、下の画像のように「中国語(簡体字)- 手書き」がキーボードに追加されました。

「中国語(簡体字)- 手書き」が追加
「中国語(簡体字)- 手書き」がキーボードに追加

4キーボードを変更するだけ

あとはメモアプリとかで文字を入力するときに、左下の地球マークを押してキーボードを変更するだけです。

「地球アイコン」から「簡体手写」を選択
「地球アイコン」から「簡体手写」を選択

「簡体手写」というのが手書きキーボードです。

これで、手書きで漢字を検索できますぞー!

ドラえもんのイラストとか書いたら「圜」って漢字が出たりする(笑)
ドラえもんのイラストとか書いたら「圜」って漢字が出たりする(笑)

どうでもいいですが、ドラえもんのイラストとか書いたら「圜」って漢字が出たりして、シュールですよ(笑)。微妙に似てる。

参考: iPhoneで難しい漢字を手書き入力で一発で出す方法!! | へんもぶろぐ

辞書登録を活用

そして、ぜひとも辞書登録を活用しましょう。

辞書登録というのはスマホに最初から備わっている機能です。長い文字列を登録しておくと短い言葉で変換されるというやつです。例えば、よろしくお願いしますよろで登録するような感じですね。

iPhoneでのやり方はこちらです。

1「ユーザ辞書」を選択

iPhoneの場合は[ 設定(歯車アイコン) ] → [ 一般 ] → [ キーボード ] → [ ユーザ辞書 ]をタップします。

「ユーザ辞書」を選択
「ユーザ辞書」を選択

2右上の「+」をタップ

右上の端にある「+」をタップします。

右上の「+」をタップ
右上の「+」をタップ

3「よみ」と「単語」を入力

「よみ」と「単語」を入力します。

「よみ」に入力した文字で「単語」に入力した文字列を呼び出す
「よみ」に入力した文字で「単語」に入力した文字列を呼び出す

「よみ」に入力した文字で「単語」に入力した文字列を呼び出します。

上の例ではを入力すると「http://yossense.com/」に変換されるという意味です。

iPhoneの辞書登録に関してはこちらの記事にしっかりとまとめています。必見です。

音声入力

最後にとっておきの技ですが、音声入力です。そう、声で入力するんです。

これ、意外と使ってないのですが、精度はどんどん高くなっています。使い方は超簡単です。

1キーボードにある「マイクアイコン」をタップ

文字入力画面で、キーボード左下にある「マイク」のアイコンをタップします。

左下の「マイクアイコン」をタップする
左下の「マイクアイコン」をタップする

2iPhoneに向かって話す!

そしたら、音声入力する画面になりますので、あとはiPhoneに向かって話すだけ!

キーボードが消え、こんな音声を入力してるっぽい画面に
キーボードが消え、こんな音声を入力してるっぽい画面に

音声入力はかなり賢くなっていますが、すべてうまくいくわけではないです。

スリランカの首都「スリジャヤワルダナプラコッテ」は変換できず(笑)
スリランカの首都「スリジャヤワルダナプラコッテ」は変換できず(笑)

音声入力で、スリランカの首都「スリジャヤワルダナプラコッテ」を入力しようとしましたが、うまく変換されず。あたりまえですけど。

さて今回はスマホ(iPhone)の文字入力のときに知っておきたい小技を集めました。

上級者ならほとんどの方が知っている技ばかりだと思いますが、中国語キーボードを使っての「手書き文字入力」は知らない人もいると思います。

スマホでの文字入力も慣れるとパソコン並になるのでぜひ慣れてください! 特にフリック入力を!!

さっきも上で書きましたが、こちらのフリック入力練習アプリは超ゴリ押しです。Android版も出ればいいのになぁ。

にゃんこフリック道場
360円
(2015.05.29時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!