2013年6月27日

[ イラスト ] キモいアンパンマンを描いてみた。アンコはみ出してます。

illustration_anpan_250

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はアンパンマンを描いてみました。使ったのはiPadのProcreateというアプリですっ! すごく描きやすいので気に入って使っています。

気持ち悪いアンパンマン

きもいアンパンマン
キモいアンパンマンです。

イメージしたのはそのまんまキモいアンパンマン。髪と髭の剃り跡に見えるのはゴマで、左目はあんこがはみ出ています。ばいきんまんとの激しい戦いでえぐられたのでしょう。

描いている途中で、ストリートファイターIIのサガットを思い出して、「アンアッパーカット」という技をばいきんまんに炸裂しています。ばいきんまんの血は紫にしています。何色だろう。

アンパンマンの誕生日

せっかくなのでアンパンマンについて調べてみました。

アンパンマンの誕生日は、作者のやなせたかしさんと同じ2月6日だとされているそうです。

子どもにアンパンマンの誕生日を聞かれ、困ってとっさに答えたのが自分の誕生日だからだそう。

じゃあ何年生まれなんでしょうね。

1968年に最初にやなせが考えた「アンパンマン」(『十ニの真珠 』に登場)は、人間の姿をしていた。また、1973年の作品集『アリスのさくらんぼ』の中の作品、「飛べ!アンパンマン」に登場するアンパンマンは頭がパンになっているものの、一人称は「おれ」であり、性格もニヒルなものである。1976年の絵本『あんぱんまん』に出てくる「あんぱんまん」から、TV『それいけ!アンパンマン』やその後のやなせの絵本作品に登場するキャラクターと同じ性格付けになっている。

アンパンマン (架空のキャラクター) - Wikipediaより引用しました。

今のアンパンマンになったのは1976年……って、わたしと同い年か?! と思いましたが、年齢はないそうです。

やなせ本人が「アンパンマンは架空の存在・フェアリーなので年齢はない」「アンパンマンワールドに年齢の概念は無い」という趣旨を述べている。

アンパンマン (架空のキャラクター) - Wikipediaより引用しました。

ほっ……アンパンマンはいつまでも子どもじゃないとね(笑)。

アンパンマンの原点

アンパンマンですが、その原点になる絵本が1968年にあったそうです。ただ、そのときは人間だったとか?!

この絵本が『十ニの真珠』というアンパンマンの原点と言われるそうですが、絵柄が違いすぎる! やなせたかしさんって意外なことに元々はリアルなイラストを描いていたんですよね。しかもかなり上手い。

アンパンマンの「あん」は粒あん?

どっちでもいいと思いますが、アンパンマンの頭のなかのアンコの種類が気になったので調べてみました。

粒あんパンからなる顔を持つ[11](作者のやなせがこしあんより粒あんを好む事、粒あんの形状を脳みそに見立てて、の理由が挙げられる。またやなせと一緒に仕事をしていた永六輔が『こしあんが好きだから(アンパンマンの顔も)こしあんだ』と言うと、やなせは『絶対に粒あんだ』と言って譲らなかったという。その理由は『沢山の人がいて一つの事ができるように、あんこも沢山の粒がないと成り立たない。こしあんだと一粒一粒が残らない』というものだった[12])。

アンパンマン (架空のキャラクター) - Wikipediaより引用しました。

なんと! ちゃんと設定としては「粒あん」なんだそうですね。さすが やなせたかしさん。

「アンパンマン」という小惑星がありますよ

わたしも知りませんでしたが、「アンパンマン」っていう名前の小惑星が宇宙に存在するそうです。

アンパンマン (46737 Anpanman) は、太陽系の小惑星のひとつ。火星と木星の間の軌道を公転している。1997年に愛媛県久万町(現久万高原町)の久万高原天体観測館で発見され、2003年に命名された。

アンパンマン (小惑星) - Wikipediaより引用しました。

たまたま「アンパンマン」って名前になったのではなく、子どもたちに人気のアンパンマンから命名だそうですね。

ついで言うと「やなせ」っていう小惑星もあるんだそう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!