2016年5月14日

Googleが性差別のない絵文字を提案! もし日本企業がこれを作っていたら…

google-female-icon-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

先日、HISが女性差別的なキャンペーンをして批判を受けていましたねー。今回はGoogleの「女性差別をなくそう」という真逆の試みについて紹介です。

性差別のない絵文字を

CNNニュースでこんな取り組みをGoogleがやろうとしていることを知りました。

簡単に説明すると、今のスマホやパソコンでの絵文字は性による偏見、差別がまだまだ残っているので、それをなくそうという動きです。

現在普及している絵文字では、男性はランナーや警察官、女性はダンサーや美容師と、性別による職業の偏りが著しい。「女性は絵文字を最も頻繁に使っていて、幅広い専門職に就いているのに、その事実が現在の絵文字に反映されていない。そこで差し迫った平等問題として対応を手助けしたい」とグーグルはコメントしている。

CNN.co.jp : 絵文字に「女性の専門職を」、グーグルが提案 多様性促すより引用しました。

例えば医者は男性、SEは男性、農家は男性……という感じで、職業によって性別の固定概念があります。

それが問題なんですよね。こういう考えが認識されているとSEになりたい女性も増えないでしょうし。

ある女性が、能力や嗜好的にそういう職業に向いていても、職業選択の時点で除外されることが多くなりますからね。これはよくないです。

この絵文字を日本が制作すると……

この絵文字ですが、日本企業が制作するとこんなふうになっていたでしょうねー。

Googleの制作した絵文字と日本企業が制作した絵文字の予想図
Googleの制作した絵文字と日本企業が制作したアイコンの予想図

まず、まつ毛ですよ。「女」と言えばやたらまつ毛をチョンとつけたがるんですよね。

もちろんアメリカのアニメでもそういう傾向はありますが、こういう公的な絵文字ではGoogleは意識してつけていません。

男性だってまつ毛が長い人がワンサカいるし、女性でもまつ毛が短い人も数多といます。 それなのに「女=まつ毛が長い」という一つの型を流通させるのは偏見、差別に繋がるということです。

例えば女性は「まつ毛が長くあるべきだ!」のような発想になるのはたやすく想像できます。逆にまつ毛の長い男性に対しての差別も発生するでしょう。

あと、ほっぺに頬紅的な加工をしてピンクにしそうですよね。

日本は女性の絵文字には必要以上に可愛さを求めます。まつ毛も頬紅も男性の絵文字には入れないでしょうね。

日本企業だと服の色もきっとピンクに

わたしが描いたイラストをもう一回出します。

Googleの制作したアイコンと日本企業が制作したアイコンの予想図
Googleの制作したアイコンと日本企業が制作したアイコンの予想図

こんな感じで、日本企業が制作すると服の色は間違いなくピンク系、パステルカラーに仕上げてくるでしょう。

女はピンク・男は水色のような色での決めつけが日本にはありますから。

さらに言うと、肌の色も男性の絵文字よりは白くするでしょう。実際に男性より肌が白いのか知りませんが。

でもそういう傾向を表すのなら、男性より女性の方が髪の色を薄く描かれるのはなんでしょうね。性別に関係なく日本人では黒い髪の人が多いのに。

Googleの場合は人種の多様性も考えて、肌の色はオレンジにして、どの人種の肌の色にも当てはまらない配慮がされています。

ついでに性別だけでなく、人種に関しての意識も日本はとてつもなく低いです。

一つわからないのはこのアイコンを選ぶときの表記が「女性」「男性」なのかどうかということ。

「ポケモンGO」の場合は、「あなたのスタイルを選んでください」という表記です。「性別」ではなく「スタイル」という表記でした。すばらしい。

それはともかく、Googleが制作した絵文字は女性への偏見がひどい日本から見るとはるか先を行っています。

こういう試みをする企業が日本からは出てこないのが非常に残念な思いです。

今生活している日常を当たり前、普遍的なものという発想から抜け出さないと良い未来は築けませんから。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!