2013年11月2日

ガブリエル・アプリンの「Panic Cord(パニック・コード)」が良すぎる! 顔も声も可愛いすぎる!

gabrielle-aplin-250

こんにちは! 洋楽女性ボーカル大好きなヨス(@yossense)です。

今日紹介したいのは、2013年で私が一番注目している新人のシンガーソングライターです。うん。私の心を彼女以上に奪いまくるミュージシャンは今年はもう出てこないだろうと思いつつこの記事を書いています。

という訳で、Gabrielle Aplin(ガブリエル・アプリン)の紹介です!!

初めてGabrielle Aplinを知ったのはこの曲「Panic Cord(パニック・コード)」。いや、衝撃的でした。

私の中では2005年にKT Tunstallに出合ったときレベルの凄まじい衝撃を受けました。

もう出だしのギター、そして可愛い歌声にノックアウトです! 北欧のシンガーを彷彿させるような透き通った声、そして私の敬愛するJewelのようなメロディーライン。もう最強じゃないですか。

ほかにも大好きな Lisa Loeb、Tara MacLean、Lene Marlinあたりを私は思い出しました。すげーイイ!! はっきり言って、久々に寒気が走りました。なんというか、Youtubeで全部聞くのはもったいない! 買って聴かなアカン!!って思いました(←そういうときないですか?)。いろんな曲を吟味せず、1曲を聞いただけでの衝動買いは久々です。

とくに1:55あたりの「Maybe」のトーンが変わるあたり、やばいです。胸が締め付けられるような感覚を与えられます。いや、ほんまやばい。やばすぎる。しかも可愛すぎる(←これも重要w)。

ちょっと歌詞を見てみると……

Maybe I pulled the panic cord
Maybe you were happy, I was bored
Maybe I wanted you to change
Maybe I’m the one to blame

「Maybe I pulled the panic cord」ってところ面白いですね。「panic cord」って一般表現があるのか知りませんが。「たぶんもつれたコードをひっぱってしまった」って感じですか。慌ててる雰囲気がめちゃ出ています。それにしても頭の中からメロディーが離れない……。

Gabrielle Aplinは、1992年にイングランド南部にあるウィルトシャーで生まれました。元々デビューする前は、Katy Perry、ColdplayとかのカバーをYouTubeにUPして、それが注目を集めるようになったんだそうです。100本以上の動画を自主撮影してアップロードしています。いや、すごいですね。今の時代っぽいですね。それにしても可愛い。

All We Know Is Falling
1,500円
(2013.11.02時点)
 App Store
posted with ポチレバ

声が初期のJewelっぽい。初々しくて、危うくて……つまりヨスの大好みです。笑っているところとか、友達の声も入っていて、カメラのブレブレ感もいいですねw。ってかピアノの弾き語りじゃないですか! このとき15歳だそうです。イギリスも制服なんやな。曲タイトルに後から入れたっぽいコメントの「so old! oh how i've grown...(めちゃ古っ! OH、どれだけ成長したんだろ……)」ってありますw。ってかいい曲やなぁ。

17歳で自身のレーベルNever Fade Recordsを自宅のベッドルームで開設。BBCのローカルラジオなどでプレイしている。そのころ自主制作のファーストEPをiTunesで配信したのだが、これがなんと英iTunes総合アルバムチャートで最高25位を記録。異例の事態となった。その後も勢いは止まらず。2枚目のEP Naver Fadeで英iTunes総合アルバムチャート14位を記録。アメリカでも100位以内、オーストラリアでも50位以内とその勢いは世界に。

サマソニ東京に出演!Gabrielle Aplinの余韻が残るボーカルが心地良い | Come-In Come-Outより引用しました。

17歳でレーベル設立って、すごいな! しかも自分で作った初EPがアルバムチャートで25位だと!? マジすごい。

こちらがその17歳の時のオリジナル曲「Mountains」。今度のはギターです。

これは自分のガブリエルの部屋でしょうか。

大分成長していますね。貫禄すら出ています。

そして、次の曲は「On Your Knees」という曲です。映像的にもオススメです。

もうこの動画のガブリエル、一番好みです。なんじゃこりゃ? 可愛すぎでしょ。

2012年では、Fleetwood Macの「Dreams」のカバーもありました。この曲はThe Corrsのカバーも有名ですが、ガブリエルのもカッコイイですね。

さて、今回は「Panic Cord」以外はアルバム「English Rain」の曲は避けて書きました。アルバムについては別の記事で取り上げていますので、そちらをご覧ください!

こちらがアルバムの全曲のサンプルです。どれもこれもいい感じでしょ? いや、ほんとに買って良かったです。90年代の女性シンガーソングライター好きにはたまらないと思います。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!