2013年12月4日

黒執事の主題歌! ガブリエル・アプリンの歌う『Through the ages』が良い!!

gabrielle-aplin-kuroshitsuji-250

こんにちは! 2013年のミュージシャンでガブリエル・アプリンをイチオシしているヨス(@yossense)です。

私は、ほぼ洋楽女性ボーカルしか聴かないという特異な音楽好きです。その偏った私は、2013年に発売されたアルバムの中で、Gabrielle Aplin(ガブリエル・アプリン)の『English Rain』を猛烈にプッシュしています。その想いはこの記事で書いているので省略しますが。

今回はリリースを楽しみにしていたガブリエルの歌う、映画『黒執事』主題歌の『Through the ages』の感想とかです!!

『Through the ages』を聞いてみての感想

日本を代表する女性シンガーソングライターの絢香作曲。そして、現在、知名度&人気上昇中の新人歌手ガブリエル・アプリン。

……うん。ちょっと企画臭さが強すぎるなぁwと思いつつも、楽しみにしていました。『Through the ages』という曲。

聴いてみての感想は、切ない~!! ガブリエルの声、やっぱいいですね~。自分の作った曲じゃないけど、しっかりと感情を乗せて歌っている感じが伝わってきます。

暗い感じで、好きです。ピアノの音がいい。

Who is the reason the one you're living for?
Who is the reason the one you're crying for?

『Through the ages』の歌詞より引用しました。

この部分がとてつもなく良いです(歌詞カードないから自分の耳で拾ったので間違えてたらごめんなさい)。特に最後の最後の部分。ガブリエルのアルバムを聞いていても思いましたが、ピアノと彼女の声は相性が抜群に良いんですね~。

私は基本的に邦楽を聴かないので、絢香の歌は『みんな空の下』『I believe』しか知りません。どちらもいい曲ですよね。たぶん私好みの曲も他にも作ってそうです。

実は私は絢香が発病したことでちょっと知名度の上がった「バセドウ病」にかかりました。今は乗り越えてます! なので、ほとんど曲を聞いたことないのに勝手に親近感を持っています。すみません。でも義妹がコンサートに行ってお土産でくれた「フォーチュンクッキー」、大吉ですごく嬉しかったです。こんなとこでアレですが、ありがとうございます。

絢香のフォーチュンクッキー
絢香のコンサートのお土産でもらったフォーチュンクッキー! あのとき撮った写真がここで役立つとは!!

曲の話に戻りますが、こういうバラードの曲って、きっと映画館で聴くとその良さが倍増しそうですねー。うんうん。絢香とガブリエルのコラボは、なかなかの化学反応ではないでしょうか?

リリースのガブリエル・アプリンのこちらのアルバムにも入っています。ちなみにこのアルバムは、前回紹介したガブリエルのアルバムのボーナストラックを入れ替えたバージョンです。

ボーナストラックがいろいろ入っていますが、ライブ盤ってあんまり好きじゃない私の場合、この下のアルバムを買って、『Through the ages』だけダウンロードとかする方がオススメです。

アルバムのジェケットもこっちの方がイイし。

映画『黒執事』について

私は『黒執事』を読んだことがないので、どんな内容かは知りません。

今、ネットで調べてみるとスクエニの『Gファンタジー』に掲載されている漫画なんですね! おお~! 最近、私の記事は意図的じゃないのにスクエニにつながっていますドラクエ1についていろいろ書いたとこなのでw。

実は、私は少年誌の『少年ガンガン』が創刊当時、かなり好きで学生のとき毎月買ってました。『ロトの紋章』のジャガン(アラン)がメチャメチャかっこよかったなぁ。あと『魔法陣グルグル』も面白くて、かなりハマりました。最初の方の絵の下手さ加減も良かったです。なつかしー! あ、そういや『死が二人を分かつまで』って漫画もガンガングループのですね。これ、『ARMS』とか好きな人にはオススメです。

あ、話がズレまくりましたがw、『黒執事』でしたね。

『黒執事』(くろしつじ)は、枢やなによる日本の漫画作品。『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス刊)にて、2006年10月号から連載中。作者にとって初の長期連載作品。当初は短期連載作品の予定であり、1巻収録分(1話 - 4話)は短期連載版、2巻収録分(5話 - )からが長期連載版ということが、担当編集者のインタビュー記事により明らかにされた。累計部数は1500万部を突破している(関連書籍含む)[1]。 2007年8月10日にドラマCDが発売。2008年と2010年にはテレビアニメが放送。2009年5月には舞台が上演された。2014年に実写映画が公開予定。

黒執事 - Wikipediaより引用しました。

めちゃめちゃ人気の作品なんですね。これは読んでおかないと……。絵もカッコイイな。

舞台は19世紀末期のイギリス。名門貴族・ファントムハイヴ伯爵家の執事セバスチャン・ミカエリス。彼は日頃の執事としての業務は勿論、全てにおいて完璧。まだ年若い主人シエル・ファントムハイヴと共に裏家業である「女王の番犬」として動く。悪魔であるセバスチャンと契約をしたシエルは暗い過去を持っていた。シエルの過去や因縁、事件などに翻弄されつつ、セバスチャンとシエルが難問を解いていく。

黒執事 - Wikipediaより引用しました。

おおー! 確かに面白そう。マジ、チェックしとこう。

こっちも超オススメ(私は9巻で止まっているけど)。Kindle版が出てるんやな!

さて、今回紹介した絢香+ガブリエル・アプリンの『Through the ages』ですが、期待通りの感じで良かったです。

ちなみに映画『黒執事』でこのコラボが決まった経緯はこんな感じだそうです。プロデューサーとしても関わっている主演の水嶋ヒロが、ガブリエルを抜擢したんだそうです。で「天使のような美しい歌声を持つアーティストが、悪魔が主役の映画の主題歌を歌うのは皮肉めいていて面白くありませんか?」という呼び掛けに皆が賛同し、実現になったんだとか。

悪魔が主役の映画なんですねw。ちなみに「ガブリエル」って聖書に出てくる大天使の名前ですね! 聖母マリアの元に受胎告知をしに現れた有名な天使ですよ!! うわ! なんかすごっ!! まじで天使やし!

ちなみにガブリエル・アプリンについてはこちらの記事でもいろいろ書いています!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!