2014年12月27日

無料タイピングゲームで練習! オススメソフトを紹介

free-typing-practice-300

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は無料で練習できるタイピングソフトをいろいろやってみました。その中から良さそうなものをまとめてみました。

初心者向け無料タイピングソフト

まずは完全に初心者向けの無料のタイピングソフトを紹介します。タイピング初心者にとって、最も大切なのはスピードを付けることでも間違えずにタイプすることでもありません。

それは決められたキーを決められた指で打つことです。でもフリーのタイピングソフトってそういうことを学べるソフトはほとんどないんです。たぶん作るのが面倒だから?

でもこれを覚える前に、スピードばかりを追い求めるタイピングゲームとかをやると、たぶん打つのは速くなりますが、十字架を背負うことになります。それはつまり、自己流でめちゃくちゃな指で打つのを覚えてしまうことです。

一度間違った指で覚えると矯正が大変ですからね。決められたキーを決められた指で打つのが最も効率が良いはずですので、正しいキーを正しい指で打つことを最初にマスターしましょう! 絶対にオススメです。

というわけで、まずはどのキーをどの指で打つかを覚えられる無料のタイピングソフトを紹介します。

MIKATYPE(ミカタイプ)

ホームポジションを学べます
ホームポジションを学べます

ここで紹介するのは「MIKATYPE(ミカタイプ)」という無料のタイピングソフトです。Windows用です。

まずはダウンロード

こちらからダウンロードしてパソコンにインストールします。

ダウンロードページ

正直なところめまいがするほど(← ちょっと大げさw)見づらいページで、どこをクリックすればダウンロードできるか、まずそこがわからないと思います。ページの下の方の下画像の部分をクリックします。

「MIKATYPE.LZH(操作マニュアル)」の「MIKATYPE.LZH」をクリックするとダウンロード
「MIKATYPE.LZH(操作マニュアル)」の「MIKATYPE.LZH」をクリックするとダウンロード

「MIKATYPE.LZH(操作マニュアル)」の「MIKATYPE.LZH」をクリックするとダウンロードできます。解凍して、「MIKATYPE.EXE」を起動させると使えます。

どの指でどのキーを打つかを学べる!

この「MIKATYPE」の素晴らしいところは、どの指でどのキーを打てばよいかをちゃんと学べること。

ホームポジションを学べます
ホームポジションを学べます

ただし、このグラフィックです……。やればきっと身につきますが、私ではこのショボすぎるグラフィックでモチベーションを保ち続けるのは正直しんどいです(笑)。

画面のしょぼさに耐えられる人にはオススメ

上でも言っていますが、そういうことなんですね。良いソフトなんですけど、グラフィックがこんな感じなんですよ。もうそこだけです。

ランダムなアルファベットを打っていく練習
ランダムなアルファベットを打っていく練習
日本語を打っていく練習
日本語を打っていく練習

いろんな練習方法があります。ただ、気になったのは、アルファベット入力のときに表示されるアルファベットが全角文字で気持ち悪いことと、ぱんだの中のを入力するのにNNを押さないとダメなこと。語尾では仕方ないと思うけど、語中なら1回でいいと思うんですけどね。

個人的には下のような有料のタイピングソフトで練習する方がいいと思います。2,000~3,000円程度で一生のスキルが身につくなら安いかと。

まずは根強い人気のタイピングソフト「Keyboard Master」。

そして個人的にオススメしている「今日からタッチタイピング」というソフト。

こちらの「美タイピング完全マスター練習帳」は書籍なんですが、タイピングソフトも付いていて、1,000円以内で買えるため人気が高いです。

中級者向け無料タイピングゲーム

今度は、どの指でどのキーを押すかは分かっている人向けの無料タイピングソフトの紹介です。

完全に初心者の方は絶対にこちらのソフトたちで練習しないで下さい。というのも、ほとんどの無料ソフトではどのキーをどの指で押すかを学べないからです。ここで紹介しているのは、全部「キーを押す指をちゃんと覚えている」ことが前提です。

Ozawa-Ken

Ozawa-Ken
Ozawa-Kenの戦いの画面

まずは最初見た時に爆笑した超オススメタイピングゲームの「Ozawa-Ken」です。パソコンにインストールしてからやるタイプのソフトです。Windows用とMac用の両方があります。

これ、一見ただのおふざけゲームに見えますが、タイピングゲームとしてむちゃくちゃクオリティが高いですよ。むちゃくちゃ笑えるし! その上無料です。

アイコンからオカシイw

このゲームはパソコンにダウンロードしてプレイできます(Windows版とMac版の両方ともあり)。

[ パソコンにダウンロード ] → [ 解凍 ] → [ 好きなフォルダに移動して「Ozawa-Ken.exe」を起動 ]という風にするとできるのですが、もうね……アイコンからオカシイ!!

「Ozawa-Ken」のアイコン
「Ozawa-Ken」のアイコン

本物の格闘ゲームらしさを再現!

本当にグラフィックも凝っていますよ。こちらを見てください。

Ozawa-Kenの戦いの画面
Ozawa-Kenの戦いの画面

どう見ても格闘ゲームでしょ(笑)。しかも実写。そういえば、ゲームのストリートファイターって実写版のゲームもあったなぁ。あんまり売れなかったけど。

おおかた予想できると思いますが、下の方に出ている文字をタイピングすると、敵(右側)にパンチとかキックがバシバシ出て、ダメージを与えます。右上の赤いバーがHP(敵の命)です。左側が自分。

タイピングをミスると、ダメージを喰らいます。相手のHPがゼロになればこっちの勝ち、こっちのHPが無くなれば負けです。

面白いのがこちら……

コンボもある(笑)
コンボもある(笑)

一番上にある赤いバー(HP)の下に緑のメーターがあります。ミスなくタイピングができると、これが右に移動し、右端まで行くと「COMBO(コンボ: 連続技入力画面)」になります。ここで失敗せずにタイピングが成功すると、連続技が相手に入り大ダメージを与えられます。

逆に敵の「COMBO」のときもあって、タイピングをミスなく入れれると、敵の連続技をかわせるんです。

実はふざけてないゲームが優秀

格闘ゲームのほかに2つのゲームがあります。

「KAWARA」と「BOARD」のゲーム
「KAWARA」と「BOARD」のゲーム

「KAWARA」と「BOARD」という2つのゲームなんですが、これがまた優秀なんですよ。単語ではなく、なんとキー1文字ずつも練習できるんですねー。

まず、上の画像の左側にある「KAWARA」ですが、右からアルファベットとか記号が出てきます。1文字だけ。で、この画像で言うと、Qを押すといいわけですねー。アルファベットだけでなく、数字や;とか,とかも練習できます!

もう一つの「BOARD」の方は、上下から3文字ずつ出てきます。この例ではZKVを押すとOKですね。順番は自由です。

設定もばっちり変えられる

そして入力文字の変更もできます。

設定画面

どういうことかと言うと、「し」を入力するときにSISHIかを選べるというやつですね。

私は「し」は「SHI」で入力するので、変更できないと普通は「SI」になっているので困るんですね。

とにかくこのソフト、かなりオススメです!

寿司打

そして「寿司打」です。ネットのブラウザ上でできるタイピングゲームです。

内容は非常に分かりやすく、画面に「音楽ありバージョン」「音無しバージョン」「ふりがなバージョン」と3つ選べます。

そして難易度も選べるのと、「スピード重視」「速度必須」など、自分でチャレンジするタイプを選べるのもいいですね! 画面も見やすく分かりやすいのでオススメです。

マイタイピング

ちょっと変わっているのは「マイタイピング」というサイト。タイピングをして、自分のレベルを診断できます

そしてタイピングの問題が非常に豊富なのも特徴です! 例えば『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go(レット・イット・ゴー)』の歌詞をひたすら打っていくものとか、漫画のセリフとか。いろんなものがあります。なのですっごく速く打てるものと全然知らない単語ばかり出てきて難しいやつとかがあります。

でもなんでこんなに問題が豊富なんでしょうか?! 実はこのサイトのもう一つの顔にあります。

なんと! 自分で問題を作れる!!

このタイピングサイトのもう一つの楽しみは、なんと! 自分で問題を作れて、それを保存できること! 作った問題は、ほかの人もプレイできますので、違った意味で楽しいです。

というわけでおふざけで作ってみました。その名も「ブロガー的タイピング」。

「記事がパクられた」とか「只今炎上中」とか「アクセス解析をしないとね」とか、ブロガーが使いそうな文章をタイプして練習しよう! って誰もしないよな(笑)。

さて、今回は「無料タイピングソフト」を何個か紹介しました。ここで紹介したもの以外にも本当にいっぱい存在します。

ですが、目的はおもしろいタイピングゲームを探すことでもなく、ゲームを楽しむことでもありません。タイピングを上達させることです。

なので、無料タイピングソフトもいいですけど、ブログやSNSで文字を入力して実践でスピードアップをするのもオススメです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!