2016年11月26日

宇野昌磨が初めて飛んだ四回転フリップとは? フリップジャンプについて

flip-jump-336

こんにちは! フィギュアスケート大好きなヨス(@yossense)です。

宇野昌磨選手が世界で初めて四回転フリップを飛んだと騒がれていましたね。

今回は、6種類あるジャンプの中一番ジャンプっぽいジャンプと言えるかもしれない「フリップジャンプ」の紹介です!

フリップジャンプってなに?

フリップジャンプは、わたし的には一番「ザ・フィギュアのジャンプ」だと思ってます。フォーム的に。

ほら、いかにも「これがフィギュアのジャンプだ!」って感じがしませんか?

フリップジャンプ(出典: MonkeySee
  • 滑走からその勢いを活かしてドーンと飛ぶ
  • エッジではなくつま先でカツーンと飛ぶ
  • 見た目がドカーンとダイナミック

……こんな感じであくまでわたしの感覚で「ザ・フィギュアのジャンプ」って言っていますが(笑)。

宇野昌磨選手が世界で初めて決めたジャンプ

そんなフリップジャンプですが、最初に考えついた人が誰かははっきりわからないようですね。1910年代には飛ばれていたジャンプだそうですが。

初めてと言えば、4回転フリップを世界で初めて成功させた宇野昌磨 選手。2016年の話なので記憶に新しいです。

そういえば、日本人選手が初の成功者になったジャンプというのは意外と多いですよね。

  • 伊藤みどり選手が女子初の「トリプルアクセル
  • 安藤美姫選手が女子初の「四回転サルコウ」
  • 宇野昌磨選手が男子初の「四回転フリップ」
  • 羽生結弦選手が男子初の「四回転ループ」

フリップジャンプの難易度

フリップジャンプの難易度は6種類のジャンプ中で3番目に難しいと言われています。

  1. トウループジャンプ
  2. サルコウジャンプ
  3. ループジャンプ
  4. フリップジャンプ
  5. ルッツジャンプ
  6. アクセルジャンプ

ちなみにこちらは四回転ジャンプの難易度表です。

4回転ジャンプの得点
【難易度1】4回転トウループ 10.3
【難易度2】4回転サルコウ 10.5
【難易度3】4回転ループ 12.0
【難易度4】4回転フリップ 12.3
【難易度5】4回転ルッツ 13.6
【難易度6】4回転アクセル 15.0

ジャンプの難易度や得点についての記事もご参考に。

「フリップ」ってどんなジャンプ?

では、フリップジャンプってどんなジャンプなの?という話です。あっさりと説明すると……。

  1. 左足で滑ってきて
  2. 滑走の勢いを活かして反時計回りに回りながら……
  3. 右足のつま先でリンクを蹴ってジャンプ
  4. 反時計回りに回る

フィギュアスケートのジャンプには大きく分けて2つの種類があります。

  • エッジで跳ぶ
  • つま先で跳ぶ

フリップはつま先で跳ぶジャンプ(3種類)のうちの1つです。

ジャンプには「エッジ」と「つま先」で跳ぶジャンプがある
種類 ジャンプはつま先?
アクセル エッジ
ループ エッジ
サルコウ エッジ
トウループ つま先
フリップ つま先
ルッツ つま先

トウループとフリップの違い

エッジで跳ぶジャンプとつま先で跳ぶジャンプの違いはよーく見ると簡単にわかるのでオッケーとして。

まずはトウループとフリップの違いですね。

これはアニメーション画像で見比べるとわかると思いますが、リンクを蹴る足が逆です。

これがフリップですね。

フリップジャンプ(出典: MonkeySee

ほら、踏み切る足が右足です。

今度はトウループ。踏み切る足に注目です。

トウループジャンプ(出典: MonkeySee

逆の左足ですね。

反時計回りに弧を描きながら、左足で踏み切っています。なので左足を強引に先に出しているようにも見えませんか?

そのため、ジャンプしたときには半回転ほど先行して回っているようになっています。

だから難易度でいうとトウループが一番簡単なジャンプなんですね。

判別の難しい「フリップ」と「ルッツ」

そして判別がかなり難しい「フリップ」と「ルッツ」です。

素人でもわかりやすい見分け方とすれば、ジャンプする前の行動が違います。

フリップジャンプ(出典: MonkeySee

ほら、上のフリップはジャンプするまえに反時計回りに回るようにしてジャンプしています。

逆にルッツは……

ルッツジャンプ(出典: MonkeySee

助走(滑走)が長く続いて、そのまま飛んでいるように見えますよね?

試合を見ているとジャンプの前の滑走がめちゃくちゃ長い選手がいますが、それはルッツのときでしょうね。

フリップとルッツはほとんど同じジャンプ

ではほかの部分に目を向けると、はっきり言ってフリップとルッツは同じフォームです。

フリップジャンプ(出典: MonkeySee
ルッツジャンプ(出典: MonkeySee

じゃあ何が違うんでしょうね。実はジャンプするまでの助走パワーを活かせるかどうかです。

フィギュアスケートのジャンプの違い: 助走の力を活かせるか
種類 滑走→踏み切る足 滑走の力を活かせるか?
アクセル 左足→左足
サルコウ 左足→左足
ループ 右足→右足
トウループ 右足→左足
フリップ 左足→右足
ルッツ 左足→右足 ×

ルッツはほかのジャンプと違って、助走のときのパワー(遠心力)を活かせません。

フリップジャンプとルッツジャンプの大きな違いは助走の力を活かせるかどうか
フリップジャンプとルッツジャンプの大きな違いは助走の力を活かせるかどうか

フリップは回転しすぎる?

滑走の力が活かせないからルッツの方が難しいと書きました。

じゃあフリップは助走の力をめちゃくちゃ活かせるので簡単ということなのでしょうか。

テレビで織田信成選手が解説していたのですが、ジャンプに助走の力を伝えやすいため、回転しすぎてしまうという難しさがあるそうです。

なるほど! でもだからこそダイナミックで「フィギュアスケートらしいジャンプ」に見えるんですね。

今回はフィギュアスケートのフリップジャンプについてまとめました。

ルッツとの違いはたぶん何回も見ないと難しいと思いますが、ジャンプの前にクルっと回るようなフォームになればフリップだと覚えておいてください。

足(左足)の方が先行してついていたらトウループです!

6種類のジャンプの見分け方についてはこちらの記事を!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!