2013年2月8日

FFFTPの使い方! サーバーへのアップロードが簡単に

ffftp-250

こんにちは! ヨス(@yossense)ですw。

今回はホームページ作成にかかせない「超基本的なWindowsツール」の説明です。ホームページを作成するときに不可欠の動作が、データをWEBサーバーに転送(アップロード)することです。せっかくWEBのデータを作っても家のパソコンに入れているだけでは、そのパソコンでしか見ることができません

そのアップロードをする際に非常にお手軽なソフトが、「FFFTP(エフ・エフ・エフ・ティー・ピー)」です! 名前はすごく読みづらいですがw、無料だし速いし、オススメです。

FFFTPの使い方

まず最初にFFFTPの基本的な使い方の説明です。って言っても、ものすごく簡単です。

ダウンロードの仕方

まだパソコンに入れていない方は、下記からダウンロードをどうぞ!

ダウンロード

ダウンロード
FFFTPのダウンロード

FFFTPの使い方

1左と右の階層をそろえる

FFFTPの画面は左と右に分かれています。

左側がローカル(パソコン側)で、右側がリモート(サーバー側)です。まずはパソコン側とサーバー側の階層をそろえないといけません。

左右の階層をそろえます
左(パソコン側)右(サーバー側)の階層をそろえます。

つまり、パソコン側(左)が「dragonball-z」というフォルダを開いているのに、サーバー側(右)が「onepiece」というフォルダを開いている状態はダメということです。サーバー側も同じ「dragonball-z」を開いておく必要があるということです。

2左側のデータを右側にドラッグ&ドロップ

そして、左(パソコン)から右(サーバー)へ、アップロードしたいデータをポトンと落とすだけ!! これは手軽ですよねー。しかもアップロードが速い速い。ちなみにダウンロードは、右から左へドラッグ&ドロップするだけです。簡単だねー。

左から右へドラッグ&ドロップ

しかも、なんと! FFFTP以外からもアップロードできます。

ffftp外部からもアップロード可能
FFFTP以外からもドロップ(アップロード)できます。

面倒なのは最初だけ!初期設定

この便利なFFFTPですが、最初の設定が必要です。

まぁ、当たり前なんですが、WEBサーバーの情報などを登録しなければ使えるハズがありません。尚、サーバーの情報はしっかりと保存しておいて下さい。FFFTPの項目と名称を合わせてEvernoteなどに入れておくことをオススメします。

FFFTPの基本設定

まずは基本的な設定です。サーバーの情報を入れ、アップロードやダウンロードができるようにします。この設定抜きには何一つできませんよ~!w

1設定ウインドウを開く

まずは設定のウインドウを開きます。

FFFTPのアイコンをクリックしてすぐ出てくるウインドウ(ホスト一覧)で新規ホストをクリックします。

「新規ホスト」をクリック
新規ホストをクリック

2基本情報を入力する

必要な情報を入力します。サーバーからの「設定完了メール」に記載されている情報を使います。

4項目を入力して「OK」をクリック
「ホストの設定名」「ホスト名(アドレス)」「ユーザー名」「パスワード/パスフレーズ」を入力してOKをクリック

ホストの設定名」は自分がわかれば何でも結構です。複数サイトを管理するときに区別が付ければ良いだけですから。

とりあえず、これで完了です。簡単でしょ? ちなみに、サーバー会社ごとに表記が違うので、FFFTPとの表記対応表を作ってみました! こちらもご参考に(下のリンク)!

3サーバーに接続

さっそくサーバーに接続します。

今、作成したサイト名(「ホストの設定名」で入力した名前が表示)を選択し、接続をクリック。ダブルクリック、Enter)もOK。

これで繋がらないときは、入力した情報が間違っていることになりますので、サーバーから送られた「設定完了メール」をもう一度ご確認下さい。

パスを設定する

では、今度はもっと使いやすくするための「パスの設定」です。

FFFTPサーバーに接続した瞬間、自分が設定した場所が開くようにする設定です。

1保存したい場所を開く

サーバーに接続した状態で、今度はフォルダを開きます。どのフォルダを開くかというと、FFFTPに接続した瞬間に開いておいてほしいフォルダです。パソコン側(左)とサーバー側(右)の両方ともお好きな場所を開いて下さい。

そして、パスをクリップボードにコピーしましょう。ショートカットはCtrl+Cです。

左右で保存したいところを開く
パソコン側(左)とサーバー側(右)の両方で、保存しておきたいところを開き、パスをクリップボードにコピー。

2設定変更をクリック

Ctrl+C(もしくは、[ 上のメニュー「接続」] → [ 接続 ])を押し「ホスト一覧」のウインドウを出します。

そして、先ほど登録したサイト名を選択し、設定変更をクリックします。

[ サイトを選択 ] → [ 設定変更 ]

3パスをペースト

先ほどクリップボードにコピーした「パス」をそれぞれ「ローカルの初期フォルダ」と「ホストの初期フォルダ」にペーストします。

ペーストする
クリップボードにコピーした文字をペーストで貼り付ける。

これで、サーバーに接続した瞬間、パソコン側も、サーバー側もどちらも「登録した場所」に飛びます。

さて、今回はホームページを作る人には基本で使うソフト「FFFTP」についてでした。

たぶんWindowsでデータをサーバーにアップロード&ダウンロードするときに一番手軽なソフトではないでしょうか。無料だし。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!