2015年2月25日

夫婦別姓が子どもに好ましくない?! イヤイヤ、同姓の方がこんな大問題を…

slooProImg_20150225232726.jpg

私が夫婦別姓を実行していることが、朝日新聞に掲載されました

こんにちは! 夫婦別姓を実際にやっているブロガーのヨス(@yossense)です。

今回は現行の日本で行われている夫婦同姓制度が子どもにとって好ましくない理由を書きたいと思います。

「夫婦別姓」は子どもにとって好ましくない?!

今日()、こんな記事を見かけてド肝を抜かれました。

「夫婦の姓が違うと、子供にとって好ましくない影響がある」と懸念する人が67.1%に上っている。

オピニオンの「ビューポイント」より引用しました。

アンケートで「夫婦別姓は子どもにとって好ましくない」と思っている人が67%だったというものです。

まじか?! そんなことをこんなに大勢の人が本気で心配してんの?!

……いえ、私は実際に夫婦別姓をしてて3人の子持ちなんですけど、この心配事があまりにも思いすごしにすぎないことを知っているので衝撃だったんです。

まぁ、今まで体験したことのない事例に対して、体験したことのない人が疑心暗鬼になることって普通だと思いますが、まず冷静に考えてほしいんです。

そもそも、現行の「夫婦同姓制度」で全く問題点がないのか?ということを!

「とりあえず」法律では平等

現状の「夫婦同姓制度」ですけど、法律上は、男性でも女性でもどちらが姓を変えても良いことになっています。

この平等なハズの夫婦同姓ですが、現実は違いますよね。どちらが変更してもいいのなら、女性の姓を名乗る男性がウジャウジャいてもおかしくありません。

ここで書かなくても誰もが気づいているハズですが、現実にはほとんどの夫婦で女性が姓を変えています。そもそも男性が姓を変えているのを知ると「え? 養子なん?」とか「男性が変えてもええの!?」という始末。

今の日本では「法律上は男性が姓を変えても良い」ことを知らない人がまだまだいるレベルなんです。つまり「姓は女性が変える揺るぎなきもの」と思い込んでいる人がほとんどってことです。

だって夫婦別姓に賛成の方でも「私は男性なので苦労はわかりませんが、賛成です!」とか普通に言いますからね(いや男性が変えてもええし!)。

これのどこが「平等」なんでしょうね。

主役は男性というイメージ

そして、ここからが本題です。私が一番問題だと思うのですが「姓は女性が変えるもの」という認識が流通していることによって、女性は男性の補助的な存在というイメージを強化しています。もっというと、男性が社会の主役で、女性は脇役というイメージを助長していると思うんです。

姓を変えるってことは、どうしても脇役的なイメージがありますよね。極端に言うと「名前を変更させられても良い」 → 「だって脇役だもの♪」という思考で、明らかに大事にされていません。名前を変えない男性の方が、社会の主役って感じはしませんか?

男性って名字変えるの嫌がりますよね?

男性の皆さんにお聞きしたいです。

男性のあなたが姓を変えなければならないとしたら、どんな気持ちですか?

「なんでオレが?」って方が多いと思うのですが、男性側が姓を変えたくない理由って何でしょうね。私が思うに「妻に支配されているみたいでかっこ悪い」のようなものだと思います。

平たく言うと「尻にひかれている」とか、世間にそう思われることが恥ずかしいといったところでしょうか。器ちっせー!とか思うのは置いといて、姓を変えるってことは「支配」と関係あるってことですね。

だって、相手の名字を自分の名字で上書き保存するわけですよ。どう考えても支配的ですよ。

そもそも「なんでオレが変えなアカンの?」って思うような嫌なことを女性にさせているんですよね。家事もやりたくないから「女性の仕事」てことにしてたら男性は楽ですもんね。どんだけ男性視点なんやろこの社会は。

夫婦同姓制度が子ども与える悪影響

こんなふうに「女性は社会の主役にはなれない」っていう歪んだメッセージを、イヤというほど小さいころから刷り込まれる女の子が、日本中にいるわけです。これを「良くない影響」と呼ばずに何と呼べばいいのか。

まぁ、このメッセージを女の子に刷り込んでいるのは、夫婦同姓制度以外にもゴマンとありますが……そりゃあ、こんな中で生活していると自然と受動的になりますよ。

で、その女の子が社会に出ると「女はリーダーには向かない」とか「積極性がなくて使えない」とか非難されるんですよ。

でもね、社会の主役は男性というメッセージをなくするだけで積極性を持った女性は増えますよ。もしかするとそれを好ましいと思わない男性が多いからそんなメッセージを意図的に発信しているのかもしれませんね。「特権が奪われる!」ってノリで。

「子どもにとって好ましくない」ってのは妄想

さてここで「親の姓が別々なのは子どもにとって好ましくない」という不安を持っている方へ一言です。

ウチでは実際に夫婦別姓を実行しています戸籍では私が変えさせられているけど)。そしてウチの子どもたちは小学生にもなっているため、両親の姓が別々なことを十分理解しています

ですが、ウチの子どもたちが「ウチの親は名字が違う……なんか悲しい……」なんて考えが脳裏に浮かんだことは一瞬たりともないと断言できます。ええ。思い込みではありません。

「子どもに悪影響」って思っている人が「夫婦別姓はよくないんだよ」と否定的に教えない限り、子どもは否定的な感情なんて持ちっこないからです。

まぁ……私は実行していますからね

もしかしたらこういう方もいらっしゃるかもしれません。

「いや、ヨスの家族ではそうかも知れないけど、一般的には子どもにとってよくないぞ!」

……と。でも、そういう意見は説得力がゼロです。実行していない方の意見って、妄想ですよね。

そもそも、本当に子どもにとって好ましくないもの……例えばコンビニのポルノ雑誌とかを普通に容認している社会が、子どものことを本気で心配しているとは到底思えません。ただ単に新しい考え方を否定したいから、こじつけをつくろっているだけでしょ?

……ってか、オマエの存在が子どもにとって好ましくないわ!なイラスト
……ってか、オマエの存在が子どもにとって好ましくないわ!なイラスト

女の子が「自分は女だから社会の主役にはなれない……」と思い込んで、希望ある未来をドブに捨てる方が有害だと思わないですか?

どうしても「夫婦同姓」じゃないとダメ?

それでも、どうしても(強制的)夫婦同姓制度を継続させるんじゃー!って日本政府は決断するのかもしれません。

でも続行させるとするなら、改姓するのが片方の姓に偏らない対策が必須です。改姓するのが完全に男性50%、女性50%になるぐらいの。だって法律上だけ平等にするなんて、どう考えても無意味でしょ。

例えばこんなのはどうですか? 結婚しようとするカップルが婚姻届を出しに行ったときに、役所の窓口の人がくじ引きで姓を決めるんです。そう、赤の他人が権力で決めるんです(笑)。

え? そんなの人権侵害だ!って思います? でも現在の法律では、夫婦両方が姓を変えたくない場合でもどちらかが強制的に変えさせられていますけど?

役所にカップルが結婚する気満々で婚姻届を持って行っても、どちらかが姓を諦めない限り受理されないんですよ。権力によって。

さて、今回はまだまだ日本では「夫婦別姓が子どもに悪影響かも……」的な不安があるということを知って勢いで書きました。

もっと言うとね、そんな方は夫婦別姓にしなければいいんですよ(笑)。だって、成立するとすれば「選択的夫婦別姓制度」ですからね。現在結婚している人が強制的に夫婦別姓にされるのなら問題ですけど。

世の中は多様性に溢れています。いろんな考えがあります。それなのに一方の立場だけを優遇するのはオカシイと思うんです。高校の野球だけ優遇して全校生が応援に強制させられるとか、職場のコーヒー派だけ優遇してコーヒーメーカーを設置するとか、オカシイことはそこら中にあるんですけどね。

夫婦別姓の記事はこんなのがあります。

ジェンダー関連の記事もいっぱいありますので、ご興味があればどうぞ♪

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!