2016年12月10日

大人もテンションUP! 食べ物を作れるおもちゃまとめ

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

クリスマスシーズンになって、おもちゃ選びに苦戦しそうですが、今回は料理を作れるおもちゃをピックアップしました。

ヨス

ほとんど自分のためのメモです(笑)。

料理を作れるおもちゃ

最近は「こんなものまで!?」というものまで作れるおもちゃがいろいろあります。

たとえばラーメンとかもはやオモチャの領域を超えていますよね(笑)。

ラーメンを作れるおもちゃ

まずはラーメンを作れるおもちゃから。これはびっくりです。

太麺、細麺、平打ち麺、ちぢれ面、ワンタン、餃子となんでも作れるんですね。

これは大人でもやってみたいです。

おもちゃじゃない「ヌードルメーカー」

ちなみに、子ども向けに作られてないやつはこちら。

値段もそんなに高くないし、もうこっちでいいやん!って感じですね(笑)。

寿司を作れるおもちゃ

こちらは寿司を作れるおもちゃです。

パッと見て、寿司を上に置いて回すだけのおもちゃかと思えば、米やネタを入れて簡単に寿司が作れるみたいですね。

出典: Amazon「大回転!すしまる」

形は悪くても子どもと手で握る体験をさせたいですけど(笑)。

太巻きを作れるおもちゃ

太巻きを作れるおもちゃもありますね。

出典: Amazon「ふとまきまっきー」

最初「え? 太巻き?」と思いましたが、パッケージの写真を見るといろんな柄にできて楽しそう。

お菓子を作れるおもちゃ

お次はお菓子を作れるおもちゃです。こちらの方が多様ですね。

クレープを作れるおもちゃ

まずはクレープを作れるおもちゃです。

もちろん、中身は別で作れるのはクレープ部分だけ。

出典: Amazon「くるくるクレープ」

フライパンじゃなく、電子レンジで作るので危なくないというやつみたい。

個人的には、どうせならフライパンで子どもに教えながらやるのがいいかな……。

値段が変わんないのでこっちのおもちゃじゃないやつもオススメ。

ポップコーンを作れるおもちゃ

ポップコーンを作れるおもちゃは見当たりませんでした。ふつうに調理用っぽいんですが、これも入れておきます。

こちらはオシャレでいいですねー! ふつうに大人が友達を呼んでこれを使うと楽しいですね。

ラムネを作れるおもちゃ

そしてラムネを作れるおもちゃです。

よく考えたらラムネって簡単に作れそうですよね。材料さえあれば。

出典: Amazon「どうぶつラムネ工場」

虫歯には注意ですね。

わたがしを作れるおもちゃ

ひっそりとこれは本命です。

「わたがし」をあめ玉から作れるおもちゃですよ!

出典: Amazon「コットンキャンディーメーカー わたあめ屋さん」

あの わたがし がお家で作れるんですよ!? これがあれば、お祭りに行って「わたがし買って!」とせがまれる率が減るという効能があるかも(笑)。

アマゾンでも人気らしいので、これは急いだほうがよいかも。

本気の綿菓子製造機だと10万以上するよ

ちなみに本気の業務用の綿菓子製造機だと10万円以上するので、そう考えるとコスパいいですね。安い。

立体チョコ人形を作れるおもちゃ

そして、もはや定番の「くるくるチョコレート工場」。

こんな感じの立体チョコが作れるというやつですね。

出典: Amazon「くるくるチョコレート工場」

実はうちにもサンタさんがプレゼントでくれました。ちなみにこれ、遠心力を利用して作るので中身は空洞になっています。

これ、楽しいのですが2つ難点が!!

  • 板チョコをいっぱい使うのでコストがかかる
  • 洗うのが大変

そう。親としてはあんまり使いたくないんですよ(笑)。子どもは毎日でもやりたいと思うんですけどね。

とは言え、見栄えがするのでプレゼントとしてはすごく喜ばれるんですよねー(子どもには)。

実際にめっちゃ売れていると思いますし、悩ましいところ。

妖怪ウォッチのキャラも作れるよ

子どもに人気の『妖怪ウォッチ』のキャラが作れるキットも別売りで売っています。

チョコレートファウンテンのおもちゃ

そして出ました! チョコレートファウンテンのおもちゃです。いや、ふつうにおもちゃじゃないですね。

これはやばい!

出典: Amazon「HAC(ハック) ショコラタワー」

大人でも友達を呼んで、100%テンションが上がるやつですね!!

チョコバナナを作れるおもちゃ

本来のチョコバナナというのは、バナナの周りをチョコでコーティングしているやつだと思いますが、これは逆です。

バナナの中心にチョコを挿入するタイプ。

そんな!チョコバナ~ナ

というかこれは作りは単純なんですけど、完全にアイデア商品ですね。絶対に美味しい わこれ。

アイスを作れるおもちゃ

そしてアイスクリーム。

冬にはアレかも?って思いますが、ご存知のとおり、子どものアイス好きに季節は無関係です(笑)。

アイスクリームを作れるおもちゃ

まずはふつうのアイスクリームを作れるおもちゃ。ん? おもちゃでなく本気のやつかも。

出典: Amazon「おうちでカンタン みんなdeアイス」

うん。子どももだけど大人もテンション上がりますね。

かき氷を作れるおもちゃ

そしてかき氷を作れるおもちゃ……というかかき氷器。

これはふつうに使えまくれます。材料費もほとんどタダ同然だし、子どもも超喜ぶしオススメ(笑)。

キティーちゃんのもおすすめ

ちなみにうちにはキティーちゃんのかき氷器があります。

未だに大活躍しているので、これはオススメですね。

ただ、かき氷器は大人が見ていないと、中に手を入れて危険ですので、絶対に目を離さないで!!

うちの子の指が血まみれになった経験がありますので……思い出してもゾッとします。

アイスバーを作れるおもちゃ

アイスを作れるおもちゃもあります。これはけっこう良さそうです!

見てくださいよ、この画像!

出典: Amazon「フルーティアイスバー」

ああー、これはテンション上がるわ。

ぶっちゃけ子どもにとって、アイスを食べるのに冬とか夏とか関係ないですからねー。

いやー、いろいろありますね。

食べ物を作れるおもちゃの良いところは、おもちゃで遊ぶことが出来つつ、お菓子なども作れることです。

自分で作ったものは格別ですからねー! こういう体験をできることが一番のプレゼントかもしれません。

ただ、放置して遊べるものは少ないので、親の手間はかかるかもしれませんが(笑)。

とりあえずこの中で一番のオススメは「わたがし」ですね。コストも安いし、材料費も安いし、簡単なので!

虫歯になるので食べさせまくるのは問題ですが(笑)。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!