Colemanのショルダーポーチが頑丈で使い勝手が最高ですぞ!

slooProImg_20160531172750.jpg

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はお気に入りのショルダーポーチを紹介します。キャンプに行くようになってからお気に入りになっているColeman(コールマン)のショルダーポーチです。

#newbag #新しいバッグ

Yos(プロブロガーのヨス)さん(@yossense)が投稿した写真 -

ショルダーポーチが一番ラクですね

うちには3人の子どもがいます。で、公園に連れて行って一緒に走ったりします。

そうなると手で持つバッグは機能性が悪いし、肩掛けのバッグもガンガン当たってジャマになる。

リュックは両手が自由になっていいんですけど、スマホをさっと出したいじゃないですかー。

普通のケイタイとスマホ
わたしの愛用のPHSとiPod touch

そうなるとウエストポーチなんですけど、わたしは苦手でどうも重さで腰が苦しくなります。

そこでたどり着いたのが「ショルダーポーチ」です。

キャンプ用品でお馴染み Coleman(コールマン)のショルダーポーチを購入しました。

Colemanのショルダーポーチ
Colemanのショルダーポーチ

簡単に言うと小さい肩掛けバッグですね。

サイズとかもちょうどいい具合です。こういうの欲しかったんだよ♪

  • サイズ(本体): 約 幅13cm × 高さ17cm × 奥行き6cm
  • サイズ(ショルダーベルト): 約72cm ~ 129cm
  • 重さ: 約140g~150g
  • 容量: 約1.8L
  • ポケット: (外側)ファスナーポケット×1 / (内側)オープンポケット×1
  • 生産国: ベトナム

スナップボタンよりチャックがいいよ

実はわたし、ショルダーポーチを買うのは2回目です。半年前に楽天で安いやつを買ったのですが、これがひどかったんです。

そのポーチはスナップボタンだったのですが、なんと1日目に2、3回プチプチしただけで壊れた(取れた)ので、交換してもらいました。

外側のポケットはファスナーポケットです
ポケットはファスナー(チャック)です

でも、取り換えてもらった商品も1ヶ月も持ちませんでした。

なので、次買うときは絶対にチャックのやつ!と決めてました。

チャックの開け閉めもスムーズです
チャックの開け閉めもスムーズです

わたしはスマホや電話を入れて持ち運ぶのが主な目的なので、チャックの開け閉め回数が多いです。

なので、その開閉のスムーズさって超重要です。その点、Colemanのバッグは心地いいですね。

もちろん、内側のひらひらのやつがチャックに挟まったりしません。安物とは違います。

外側のポケット

外側のポケットを開けてみます。

Colemanのショルダーポーチの外側のポケットを開いた
Colemanのショルダーポーチの外側のポケットを開いた

外側のポケットを開くとこんな感じ。厚みもあるので、多少の雨でも大丈夫そうです。

今のところ1ヶ月ぐらい経ちましたが、もちろん壊れていません。

中にソフビのような(?)素材が入っていて頑丈そう
中にソフビのような(?)素材が入っていて頑丈そう

触るとわかるのですが、生地の内側にソフビ(ソフトビニール)のような素材が挟まれているっぽいんですね。

何の素材かわかりませんが、とにかくこれのおかげで頑丈です。雨が侵入しにくいですし。

素材のアップ写真がこちら。わたしが買ったのは「デニムタイプ」なのですが、頑丈そうでしょ?

Colemanのロゴ
Colemanのロゴ

この「Coleman」のロゴがあるだけでも、わたしの中では信頼性抜群です(笑)。寝袋でもお世話になっています。

メインのポケット

そして、メインのポケットです。これ、忘れん坊のわたしには、かなり嬉しい仕様なんですよ。

なんと、チャックを最大に開いてもここまでしか開きません。

チャックはこれが最大の開き具合
チャックはこれが最大の開き具合

なんで、ここまでしか開かないのが嬉しいかというと、わたしはよくチャックを開けたまま忘れてしまうから(笑)。

このチャックがもっとガーッと開くと、中身を落とすんですよね。

ここまでしか開かないので、普通に歩いているなら中身を落とすことはありません。これは安心だー。

中を開いてみます。正式な使い方なのかわかりませんが、タグがあってペンを引っ掛けられますね。

ペンを引っ掛けられるタグがある
ペンを引っ掛けられるタグがある

ほら、上の写真の赤い部分です。このタグの中にボールペンなどを通せます。これはステキ。

網状の内ポケットも便利です。

小さいですが機能的です
小さいですが機能的です

このメインのポケットの開け閉め回数はけっこう多くなるので、このチャックのスムーズさは大満足です。

絶対に内側部分が引っかかりません。

内側部分が絶対にひっかからない
内側部分が絶対にひっかからない

カラビナを使ってウェストポーチにも

このショルダーポーチですが、付属のカラビナを使って、ウェストポーチにもなります。

カラビナが付いています
カラビナが付いています

2WAYってやつですね。わたしはウェストポーチは苦手なのでカラビナは使いませんが、おこのみで。

ポーチの裏側を見てみます。こんな感じで、スナップボタンがありますね。

ポーチの裏側にはこんなスナップボタンが
ポーチの裏側にはこんなスナップボタンが

これを外すことができるので、いろんなところに引っ掛けられますね。

こっちは外れません
こっちは外れません

こっち側は外れません。何か通して使うのかな。

底もかなり丈夫そう

こちらはこのショルダーポーチの底です。ちょっとふっくらしているのがわかりますか?

底部分はかなり丈夫そう
底部分はかなり丈夫そう

ちょっとつまんでみます。

底部分をつまんでみる
底部分をつまんでみる

わかりますかね? ちょっと厚みがあるんですね。生地と生地の間にパッドが入っているんです。さっきも書いたけど。

ガジェットを入れることが多いのでこれは嬉しいです。

こちらはショルダーベルトです。

ショルダーベルトもしっかりしている
ショルダーベルトもしっかりしている

ショルダーベルトもしっかりしています。

ショルダーベルトのとめるところ
ショルダーベルトのとめるところ

というわけで、こんな感じで愛用しています。

愛用のColemanのショルダーポーチ
愛用のColemanのショルダーポーチ

さて、今回はわたしが愛用しているColemanのショルダーポーチを紹介しました。デニムタイプのやつは特にいろんな服に合わせやすいし、おすすめです。

スマホを入れる人が多いと思いますが、ただの布素材じゃなくパッドを挟んでいるので、頑丈です。これがわたしの一番気に入った点です。少しぶつけても問題ないですから。

デザインは水玉とかほかにもいろいろありますよー。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!