この発想はなかった! 菜箸にタッチペンがくっついた「菜箸deスマホ」が便利!

slooProImg_20160418233908.jpg

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

皆さん、料理を作っているときにスマホをいじってますか? では小麦粉やひき肉で手がめちゃくちゃだったらどうしますか?

そんなときでもおしり部分がタッチペンになっている菜箸こと「菜箸deスマホ」があれば解決です!

なんと! 菜箸がタッチペンに!!

いやー、びっくりですよ。菜箸 (さいばし)ですよ、菜箸!

菜箸とスマホ用のタッチペン(スタイラスペン)が合体したすごい商品があります。

菜箸deスマホが届きました
菜箸deスマホが届きました

元々は、NHKニュース『おはよう日本』内コーナー「まちかど情報室」で紹介されていて知りました。

菜箸deスマホを袋から出した
菜箸deスマホを袋から出した

タッチペン部分は取り外し可能

このタッチペン部分ですが、取り外しが簡単にできます。

菜箸のおしり部分(片方)がタッチペンに!
菜箸のおしり部分(片方)がタッチペンに!

するっと簡単に取れますよー。

シリコンゴムの部分は取り外し可能です
シリコンゴムの部分は取り外し可能です

お箸を洗うときは外した方がいいのかな。

間違いなく食洗機に入れるのはアウトでしょうね。高熱だから。

菜箸deスマホの材質

菜箸deスマホの材質を確認してみます。

このタッチペンの素材
このタッチペン「菜箸deスマホ」の素材

さっきも書きましたが、タッチペン部分はシリコンゴムです。「導電性シリコンゴム」って書いていますね。

お箸の部分は天然の竹でできています。そこにポリエステル塗装がされているんですね。このポリエステル塗装というのが黒い部分ですね。

黒いところを持たないとタッチパネルは反応しない
黒いところを持たないとタッチパネルは反応しない

この黒い部分を触らないと(持ってないと)スマホが反応しないんです。

スマホのタッチパネルが反応するのは人間の身体を通る電気に反応するので、電気を通さない竹ではだめなんですね。

だから塗装して、先端には導電性のシリコンゴムを付けるというわけですな。うまく考えられている。

「菜箸deスマホ」を菜箸として使う!

というわけで、「菜箸deスマホ」を使ってみます。

菜箸として使う: 牛丼の玉ねぎを炒める
菜箸として使う: 牛丼の玉ねぎを炒める
菜箸として使う: うどんを取る
菜箸として使う: うどんを取る

菜箸として使った感想は、ふつうに使いやすい……です。ってか、菜箸の感想とかむずいなコレ(笑)。

先の方がギザギザになっていてうどんも取りやすかったです。重さも軽いし、触り心地もいいし、デザインも良いです。

「菜箸deスマホ」をタッチペンとして使う!

そしていよいよタッチペンとして使います。

野菜を切ってるとき、手がビショビショのままクックパッドでレシピを見られます。快適。

iPadでクックパッドを見ながら料理
iPadでクックパッドを見ながら料理

……まぁ、ぶっちゃけですが、わたしはレシピ見ながら料理なんてめったにしません。THE 適当ですんで(笑)。

実際にはこの下の写真のような使い方がほとんどです。わたしはiPod touchで音楽(インターネットラジオ)を聞きながら料理を作っているのですが……

音楽を聞きながら料理
音楽を聞きながら料理

で、この写真のように手が小麦粉でめちゃくちゃのときにステキな曲が流れることありますよね?

そんなとき「え? この曲のタイトルと歌っている人だれ!?」をすかさずチェックするときに重宝します。ほんとのほんとに便利! 今までだったら急いで手を洗ってましたからねー。

微妙な曲のときに曲飛ばしもできるし!

ちなみにスピーカーはこちらを使って聞いています。コスパすごくいいです。

「菜箸deスマホ」で絵を描いてみる

最後にこの菜箸deスマホを使ってイラストを描いてみました。

言わなくてもわかると思いますが、イラストには向いていないです(笑)。

そもそも長いですからね。

そう言えばデザイン学生のときの授業で、長い棒の先に鉛筆を付けてクロッキーをしたことがありましたが、それを思い出しましたよ。

タッチペン部分の書き味は?

このタッチペンの先っちょ部分はちょっと力を入れないとタッチパネルが反応しません

……が、料理をしながら本気でフリック入力をしてブログを書こう!とか、精密なイラストを描くぜ!って方はいないと思うので、十分な性能です。

「菜箸の付いたタッチペン」ではなく、「タッチペンの付いた菜箸」という認識でいてください(主は菜箸ってこと!)。

菜箸deスマホの描き味は?
菜箸deスマホの描き味は?

そもそもメーカーの「田中箸店」はお箸の会社ですからね。

本気でイラストを描きたい方は、ちゃんとしたスタイラスペンを買いましょうね。少々値は張りますが、Apple PenciliPad Proの組み合わせが最強中の最強です。

さて、今回は割とミーハーな理由で購入しましたが、大活躍しています。こういう発想ってステキですよね。

あ、最後に大切なお知らせを。菜箸はぜったいに食洗機で洗わないように! めっちゃ曲がりますので。

うちには曲がってない菜箸がなかったので、勢いで買ったのもあります(笑)。

こちらはなんと「名入れ」までしてくれるそうです。これ、ぜったいにギフトで喜ばれますよ! こんなんあったんや!?って驚きとともに。

箸と言えば、正しい箸の持ち方についての記事も書いています。「わかりやすい!」と密かに人気です。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!