2015年8月21日

仕事を探すときに「未だにオフィス内完全禁煙じゃない会社」は未来がないから除外しよう

can-smoke-office-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は私が若いころに会社で働きたくなかった理由についてです。結構私にとって重要な理由なんですが、それは「オフィスでタバコの煙がモクモクなところが多かった」ことです。

オフィスはタバコの煙モクモク

私は体質的にタバコの煙がダメなので、仕事を探すときに「オフィスが禁煙か」というのは業務内容と同じレベルで最優先事項でもありました。

最近はかなり改善されている気がしますが、私が20代だったころの喫煙事情はひどいなんてもんじゃありませんでした。

どこの会社に面接依頼の電話をしても、「職場は禁煙ですか?」と最初に聞くとほとんどが「喫煙です」と言われ、面接以前の問題でした。

実は一度だけ喫煙オフィスで働いたことがある

そんなタバコがダメな私ですが、20歳のときに1度だけ喫煙可能の職場に就職したことがあります

私も若くて社会を知らないときだったし、がんばらなければ!と思っていたんですね。自分がタバコがダメと知っていたんですが、我慢して仕事に行っていました。

で、私を含めて社員3名の小さいデザイン事務所だったので、私以外の2名がそれはもうタバコを一日中スパスパと吸っていたんですよ。

ハッキリ言って仕事どころじゃありませんでした。仕事内容もデザインで自分に合っていたのですが、煙で頭は痛く、目や喉も痛く、まともな仕事ができませんでした。

結局、1ヶ月で辞めてしまいましたが、それ以来、絶対にタバコの煙がある職場はどんなに条件が良くても行かないことに決めました。

客として行ってもひどい対応

ふと思い出しましたが、15年前ぐらいに大阪で引っ越し先を探していたときに不動産屋さんに行きました。

そしたらオフィスで従業員がタバコを吸いながらパソコンに向かっていたんですよ。私は「タバコが苦手なのであの方を何とかできませんか?」と聞きました。

そしたら、その方はなんと!「そうですか……では外でお話しましょう!」という対応だったんですよ!!

イヤ、ありえへんから!

今だったらめっちゃ文句を言いますけど、当時はそんな時代だったし、私もおしとやかだったんです。

このご時世にオフィス内喫煙可の会社って……

しばらく就職活動していないのでわかりませんが、それでも未だに職場内でタバコを吸える「喫煙オフィス」って余裕で存在すると思います(ですよね?)。

特に地方の中小企業とか男性の割合がべらぼうに高い職場なんかだと「タバコ吸えるのが当たり前」なんだろうと思います。

香川県だと病院でもまだ吸えるところがありますからね。結局のところ、経営者の喫煙に対する意識に委ねられています。

禁煙オフィスでもこのザマ……

ってか、この下記の引用みたいに「完全禁煙」でも吸うおバカさんたち(しかも税金で飯食っている警察……)がまだまだいるんですね。

15日午後4時55分頃、大阪市西成区太子、大阪府警西成署太子交番の休憩室から出火。ゴミ箱などを焼き、消防が消し止めた。けが人はなかったが、同署は、署員のたばこの火の不始末が原因とみている。  発表では、現場は、同交番の休憩室として借りている雑居ビルの一室。同署は、休憩室でたばこを吸わないよう指導していたが、この日、4~5人の署員が計約10本のたばこを吸い、吸い殻に水をかけてゴミ箱に捨てるなどしていたという。

禁煙の交番休憩室でぼや、吸い殻に水かけたが… : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)より引用しました。

これも出火されなければバレなかったと思うし、まだまだ氷山の一角でしょうけど。

もうね、先進国では従業員の健康のために飲食店が禁煙になる……というレベルなんですよ。「お客様がタバコを吸うから灰皿を用意するような痛いサービス精神」とは雲泥の差ですよね。

客や従業員の健康よりもトップの嗜好を優先する会社なんて未来が見えています。きっとあなたのことなんて取替え可能なコマにしか思っていませんよ。

さて、今回は私が若いころに会社で働きたくなかった理由を書いてみました。

職場でタバコが吸えたために、タバコの煙が苦手な能力ある人材を逃している可能性があるということを会社側も知っておくべきだと思います。

職場のタバコと言えば「職場での喫煙について。タバコの煙で倒れる体質の人の意見」という記事を以前書いています。こちらも人気ですのでぜひご覧ください。

最後にですが、タバコを自由に吸える会社なんてとっとと辞めてしまいましょう。世の中には良い会社がいくらでもあります。

自分に合った仕事はワークポートのような「転職支援サービス」で相談するのをオススメします。

あと、自分の特性を調べるためにリクナビNEXTの「グッドポイント診断」もゴリ押しです! とりあえず自分を知ることって重要ですので。無料だし。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!