2015年9月14日

ブロガーって何? → ネット上の情報を補完する存在だ!

blog-supplement-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

私はブロガーです。なので日々、何らかしらの情報を「記事」という形でネット上に放出しています。今回はその活動について強く思っていることを。

すべての情報がネット上にあるわけではない

たぶん今の時代、インターネットを使って情報を検索しない人って少ないと思います。いえ、別にネットを使わないといけないわけではないですが、便利ですよね。

でも「調べたいことがいくら検索しても出てこない」という状況ってよくないですか? 私はしょっちゅうですよ。

そんなときに「ブログを書く」という手段を持っていると、新しい情報をネット上に投入できます

そうすることで、今度同じ疑問を持った人がGoogleで検索したときには私の書いた記事が「回答」としてその人のモニターに出現するのです。

ブログはネット情報を補完する

特にブログを頻繁に更新する「ブロガー」と呼ばれる人たちって、ネット上の情報を補完する役割を持っているんです。

先日紹介したプロブロガー イケダハヤトさんの著書『武器としての書く技術』にもこんな風に書いていました。

これだけ情報化が進んでも「ネットで調べたけど答えが見つからなかった」ということは頻繁にあります。多くの人類が情報をネット上にアップすればアップするほど、「答えが見つからない」ことは減っていきます。

イケダさんは「人類に財産を遺そう」とスケールを大きく書いていますが、まさにそうなんです。私みたいな人がいっぱいになると、見つからない情報というものがどんどん減っていく、つまり便利になっていくってことです。

みんなブログやろうよ!

以前「高齢者の地元愛はすごいからブログを書くべき」という記事で詳しく書きましたが、高齢者って特にブログを書くべきなんです。

高齢者って、若い人にない時間があるし、知識もある。そして、特に地元の人しか知らない情報っていっぱい持っています。ぜひ発信をしてほしいですね。

私は毎日ブログを書いていて、地元のオススメうどん屋とかレストランとかもいろいろ紹介しています。でもあくまで私の好みだし、そもそも喫煙可能のお店には行かない(行きたくない)ので紹介不可能です。

つまり、香川県や丸亀市の地元情報って穴だらけなんです。そういう穴って、ほかにブログを書く人がいないと補完されないんですよ。

ということで、皆さん、ブログやりましょう。

今回はブログという存在が、ネット上の情報を補完する役割を担っていることについて書きました。

ブログ、つまり情報を発信することは自己承認欲求を満たすための一つの方法としてオススメですし!

現在、私の運営するオンラインサロンでは、メンバーを募集しております! ブログのアクセスを増やしたい方、下記からどうぞ!

ヨッセンスクール

こんなネタもオススメかも!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!