2015年9月4日

私がブログ文章でやめたほうが良いと思う6つのこと

blog-article-shouldnt-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はブログの文章を書くときに私がやめた方が良いかなと思うことをまとめてみました。あくまで私の視点ですので、「いや、これはアリでしょ!」っていうのはあると思います。

ブログの文章で私がやらないように心がけていること

では私がブログの文章を書くときにやらないように心がけている6つのことを紹介します。

謙遜はほどほどに

ブログの文章で、まず気になるのが「謙遜のしすぎ」です。

まだまだ新米のへっぽこブロガーなので大した文章は書けませんが……

こんな文章を見たら、即離脱したくなりますよ。だって、貴重な時間を使ってまでへっぽこな人の書いた文章って読みたくありませんから。どうせ読むならへっぽこじゃない人の書いた文章を読みたいです。時間がもったいない。

そういうのは、文章を読んだ人が評価すると思うんです。しかも評価って相対的なもので、同じ記事でも読む人によって「この記事はすげぇよ!」とか「なにこのクズ記事……」というふうに分かれるのが当たり前です。

それなのに、書いた本人自ら「へっぽこ」って言う烙印を押すなんて馬鹿げています。この辺に関しては下記記事でいろいろと語っていますので、こちらもぜひ。

ラジオのDJみたいな挨拶

そして、冒頭の無駄に長い導入文章(挨拶)です。

こんにちは! ヨスです。いやー、やっぱり9月にもなるとちょいと冷えてきますねー。こんちくしょー! 昨日はついつい真夏のノリでTシャツ一枚で寝てしまいました。そしたら朝になったら寒いのなんのw あやうくアレフガルドの地図を布団に書いてしまいそうでしたよー。ナンチャッテー! そうそう、こないだブログで言ってた近所にできたヤマダ電機に昨日行ってきたんですよ。言うの忘れちってた。テヘヘ。ほら、最初って安売りするじゃないですか? でカメラ買ったんですけどね、なんと初期不良! ガーン! 私ってこういう貧乏クジ引くこと多いんですよねー。心は裕福っすけどねー。しーん……ってオイ!ww というわけで、今回のブログは秋になったのでハロウィーンについて語ろうかと思います。いや、やっぱりハロウィーンはやめて読書にします。私が好きな漫画って言えばやっぱり『ARMS』っすよ。……(以下省略)

どうですか? これはどんなに忍耐力のある人でもブラウザを閉じたくなるでしょ?

私はこういう冒頭文章を「ラジオ番組の冒頭でDJが話すノリ」って表現しています。ラジオだとこういう挨拶が最初にあってもウザくないんですねー。音声だから。

それにラジオは「今」にむちゃくちゃフォーカスした媒体だからだと思います。でもそれを文字媒体のブログでやると……こんな感じってことです。

威圧的な表現に気をつける

そして威圧的な表現です。

まずは朝起きたら顔を洗ってください。その後は、必ず朝ごはんを食べてください。できるだけ野菜も摂るようにしましょう。ご飯の後は歯を磨くことを忘れないようにした方がいいです。

「~た方がいいです」とか「~ましょう」「~てください」が連発されると威圧的に感じます。これについても下記記事でいろいろと書いていますので、ぜひ!

これは内容にもよります。自分の意見を主張した記事なんかだと逆にぼかさない方がいいです。

絵文字の乱用

無料ブログを使っている方に多いのが「絵文字の乱用」です。これってどうなんですか? 私は読みにくくてたまりません。

好きな人は好きなんでしょうが、私は吐き気がするほど読みづらいです。

絵文字が乱用されたブログ文章
絵文字が乱用されたブログ文章

あと、これも好みによりますが、私は「(*´~`*)」とか「(゚∀゚)」のような顔文字もブログの文章には入れません(SNSでは使いまくっている)。もしかしたら古い記事に入っている可能性はありますが。

罵倒などで一部の人を傷つける表現

そして、私がすごく気を付けているのは、罵倒などで一部の人を傷つける表現です。これはやらないのは当然のことですが一応。

例えば高校野球の話題になっていて、応援しているチームの対戦チームに言及して「あんなカスチーム負けろー!」みたいな。ブログを読む人の中には、その「カスチーム」を応援している人もいます。

ほかにも芸能人、有名人の陰湿な悪口とか。そんな文章をファンが見ると、ほかの記事に共感していても、幻滅するでしょうねー。

本当にその罵倒が表現上必要なら書いてもいいかもしれませんが、子どもの喧嘩のような罵倒は絶対にやめておきましょう。レベルの低い文章に見えますので。

パクらないように

最後に当たり前過ぎますが、パクリは絶対にやめましょう

「引用」なら大丈夫です。 どこまでが引用でどこからがパクリかと思うかもしれませんが、実はみんなわかっているんじゃないですか? そんなに難しいことじゃないですよね。

「これってパクリかな……」と思ったらたぶんパクリです。引用した文章の5倍ぐらい自分の言葉を書いていればいいんじゃないですか?(← 適当)

あと、技術的な記事を書くときには、きっとほかの記事を参考にすると思います。参考にしたブログやサイトのリンクを入れてあげましょう。例えば私がサーバーを移転したときには、参考にしたサイトへ一番下で紹介(+リンクも)しています

リンクしてあげることで、その記事に対する評価をGoogleにしてもらうことになります。私的にはそれが教えてもらった記事への感謝の気持ちかなと思います。

「ライバル記事を有利にするなんてこと誰がやるかボケェ!」って思っている人の記事はたぶんいつになってもライバルを超えられないかと。いえ、根拠はなく、なんとなくですが。

さて、今回はブログを書くときに私が気を付けていることをまとめてみました。

あと、こんな記事を書いていてなんですが、私が「やらない方がいい」と言っているものは法律や日本語文法などで決められたことではありません。なので、信念を持って表現方法として意図的にこういうことをやるのはアリです!

ブログの文章を書くときにはこちらの本を心の底からオススメします。かなりいい本でした。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!