「ご迷惑をおかけすると思いますが…」な表現って逃げ道の確保なん?

slooProImg_20150410123511.jpg

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は新しく会社に入った社員とかがよく使う「ご迷惑をおかけすると思いますが……」的な表現について思っていることを書きます。

ご迷惑をおかけする

新入社員が会社に入って、自己紹介をするときってなんであんなにつまらないんでしょうね。

ご迷惑をおかけすると思いますが、よろしくお願いします!

たぶん社会的には「謙遜」というくくりで美化されるのかと思いますし、定型文として一般的に受け入れられているのかも知れませんが、私は嫌いです。

だって私は、迷惑をおかけされたくないですもん(笑)。そんなこと言われると「うわ……」って思います。

この言葉が嫌いな理由は、卑怯な気がするからです。だって何か失敗しても「ご迷惑をおかけするって最初に言っているので大目に見てもらえるよね?」という心が見え隠れするからですよ。責任を回避する伏線を予めはっておいてるのかな? これって「甘え」ですよね。

ブログ書いている人がよく使う表現

ブログを読んでいても「しょぼい文章しか書けませんが……」みたいな表現もよく見かけます。

はっきり言って、誰もしょぼい文章のブログなんて読みたくないと思います。だって時間がもったいないもの。そんなブログを見るよりも「同じような情報を書いていてしょぼくないやつ」を探しますよ。

ブログなんてテレビの生放送みたいな一発勝負じゃないので、しょぼいって思っているんだったら何度も読み直して、努力してしょぼくないようにしてくれよ!……が読んでいる人の本音ですよね。

そもそも自分が自分に対して「しょぼい」ってレッテルを自分に貼り始めて、そのレッテルっていつになったらなくなるんですかね。そこがモヤッとしてて気持ち悪いです。車の初心者マークみたいにちゃんと期限があるのかな。

しょぼいかどうかは読む人が決める

あ、すみません。なんかしょぼい文章のブログを否定しているわけではありません。ブログは自由なのがいいので。

でも私が言いたいのはしょぼいかどうかなんて、読む人が決めるってことです。その文章を書いている人より読む人の目が肥えていたらしょぼく見えるだろうし、あんまり文章に触れない人が見たら全然しょぼくないかもしれません。

それなのに、自慢するがごとく「おれショボイ!」って声をあげなくてもよくないですか?

そもそも、どんなに文章が上手い有名なブロガーでも、言葉尻を取られて、なんだかんだ叩かれますよね。「しょぼい」って相対的な言葉なんです。だから自分で自分を低く見せる必要はありません!

「新米ブロガー」

ほかに気になるのが、ブログを書いている方で「まだまだ新米ブロガーですが……」とか「駆け出しブロガーですが……」みたいな表現です。

ありきたりの表現ってうんざりなんで、どうせ言うならもう少しひねった表現で書いてほしいです。「まだまだ体毛の薄いブロガーですが……」とか。

ブログ(というかWEBサイト)って、どんどん蓄積されていくので、いつ誰が見るかわからないんですよね。なので、その人が新米じゃなくなったころでも、ネット上に半永久的にも残るわけです。それを2年後に訪れた人が見て「あ、このブログを書いている人って新米なんや……」と思うわけです。

あ、これは超個人的な意見ですね。逆を言うとそのときそのときを切り取っていて臨場感があるとか言えるかもしれませんが、私が相対的な表現ってあんまり好きじゃないだけです。

ほら「最近は暑い毎日でいやになりますねー」とか「最近寒くなってきましたよねー」みたいな出だしとか。読む人がどんな季節に読むかわかんないですので、私はなるべく使わないようにしています。

ポジティブな言葉に変換するといいよ!

でもそういう内容のことをどうしても伝えたいのなら、ポジティブな表現に変換するのがいいと思います。

例えば「文章がしょぼいですが……」ではなく「楽しんでもらえる文章を極めるべく特訓中ですが……」とか。どちらも「まだ自分の文章はしょぼい」という含みがありますが、後者の方が見てて気持ち良いです。

さて、なんか珍しくブログ論的な内容です。でもブログだけでなく、いろんな場面で思っていたことなんです。

私も「謙虚」を全否定しているわけでは全くないです。能力のある人が「いえいえ、まだまだ勉強しないと……」みたいなのを言うのは「かっこええー!」って思います(笑)。

今気づきましたが、本当にすごい人が自分を低く見せるときだけ「謙虚」になるんだと思います(これも人によっては「嫌味」って見えるのかも?)。能力がない人が自分を低く言うのは単なる卑屈ですよ。

  • 型にはまった謙虚表現
  • 謙虚っていうか卑屈っぽい表現
  • 大目に見てもらいたい下心が見える(というかそう思われそうな)表現

ブログを書くときに、この辺はなるべく避けた方が良い感じになっていくような気がするかもしんない雰囲気があるかも??(←こういう曖昧なのもイラッとくるw)

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!