2016年10月22日

眼鏡は軽いほど良い!「Axia Lite」はたったの13gですよ!

slooProImg_20161014161755.jpg

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は超久々にメガネを買いました。

シャルマンという有名メーカーとレンズのHOYAの共同開発商品「Axia Lite(アクシアライト)」という超軽量メガネなんですが、これがめちゃくちゃ軽くて最高なんです! というわけで紹介します。

とにかく軽いレンズがほしい

わたしは外に行くときはコンタクトレンズにしたりしています。でも家では完全にメガネ生活です。

ヨス

ちなみに視力は0.0なんぼで、視力検査の「 C 」の表が真っ白に見えるレベル。何もないように見えるんですよ。やばいでしょ(笑)。

そんな実はメガネっ子のわたしですが、メガネは「ある理由」で嫌なんです。

それは重いから!! 数時間装備していると、耳と鼻が痛くなるのは必至です。

今までわたしがかけていたメガネ
今までわたしがかけていたメガネ

いいかげん、なんとかならんかなぁと思ってたんですが、娘のメガネを買いに行ったついでに自分用のメガネを見ているとすっごくいいものを発見しました!

それがこちらの……

Axia Lite(アキシアライト)という軽量メガネ
Axia Lite(アキシアライト)という軽量メガネ

それがシャルマンとHOYAの共同開発した「Axia Lite(アキシアライト)」という超軽量メガネ!

Axia Lite には「縁」がない

さて、そのAxia Liteはこんなメガネです。

Axia Lite(アキシアライト)はこんなメガネ
Axia Lite(アキシアライト)はこんなメガネ

ぱっと見てわかると思うのですが、このAxia Liteの大きな特徴は「メガネの縁」がないこと!!

これ、なぜだと思います!? オシャレのため? ……まあそれもあるかもしれませんが、縁なしなのでその分、軽量化になっているんです。

これ、すばらしいですね。

ちなみにわたしは赤っぽい色(ローズ)にしていますが、これは20種類の中から選べます。

  • 透明
  • ブラウン
  • ライトブラウン
  • グリーン
  • ピンク
  • バイオレット
  • ボルドー
  • ローズ
  • アプリコット
  • ピーチ
  • オレンジ
  • イエロー
  • ブルー
  • パステルブルー
  • グレー
  • ブラック
  • ロイヤルブルー
  • メタリックバイオレット
  • ライトピンク
  • メタリックブラウン

Axia Lite の素材が軽い軽い!!

そしてAxia Liteの素敵なところは、とにかく軽量化にこだわった素材です。

まずは、メガネの「つる」の部分。ここが超軽い素材でできています。

つる の部分は医療用に使われる素材
つる の部分は医療用に使われる素材

つるの部分は医療器具にも使われる、新素材「トロガミド」を使用しているそうです。

これは一見プラスチックみたいなんですが、弾力があって、頑丈なんですね。かけたときの締め付けが強くないのですが、しっかりとメガネが固定されます。すごい……。

しかもなんですが、これ、超軽いんですね。もはや、この「トロガミド」って、メガネのために存在しているのかと思うレベル……。

医療分野で使われることからも想像できますがが、人体にも害がないそうです。

そして、レンズのつなぎ部分(ブリッジ部分)もトロガミドです。

レンズのつなぎ部分
レンズのつなぎ部分

しかも、従来の眼鏡とは違い、レンズ部分を限りなく邪魔しないように工夫されています。なんと3.5ミリメートルしかレンズの内側に入らない設計です。

実際にかけるとわかるのですが、視界に邪魔なものが入りません。縁がないのも本当に快適ですね!

「つる」の端っこの部分はこんな感じ。

「つる」の端っこの部分はこんな感じ
「つる」の端っこの部分はこんな感じ

わたしはスタンダードなタイプにしましたが、角度を簡単に変更できるタイプも選べます。

レンズはトップメーカーのHOYA製

そしてレンズが国内のトップメーカーであるHOYA製だそうです。

レンズは国内トップメーカーのHOYA製
レンズは国内トップメーカーのHOYA製

米国陸軍防弾技術にも使われる強化レンズ「NXT素材」です。

こんなカードも入っています。

レンズ品質仕様カード
レンズ品質仕様カード

カードの裏面には……

この度は弊社レンズをご購入いただき、誠にありがとうございます。このカードはお客様のレンズが、下記仕様のHOLTジャパン(株)製品であることを証明するものです。

と書いています。

UVカット、ブルーライトカット仕様です。

このレンズですが、形とサイズを合わせると、なんと100種類以上から選べるんだそうです。

さっき上で紹介した「つる」の色のバリエーションと合わせると何通りになるんでしょうね。ものすごい数です(笑)。

アクシアライトの重さを測る

さて、軽い軽いと言いましたが、今までかけていたメガネとどのくらいの差があるのでしょうか?

実際に測ってみます。

左:今までのメガネ 26g・右:アキシアライト 13g
左:今までのメガネ 26g・右:アキシアライト 13g

今までのメガネが26gだったのに対して、なんと13gです! 偶然ちょうど半分です。

これ、めちゃくちゃすごくないですか? つまり、Axia Liteを2つかけても、今までのメガネと同じ重さってこと!(いや、かけませんけど

ちなみに、娘の持っている子ども用のメガネ(けっこう良いやつ)が16gでした。子ども用(しかも良いやつ)よりもさらに軽いんですね。

Axia Lite(アキシアライト)という軽量メガネ
Axia Lite(アキシアライト)という軽量メガネ

いやー、本当にかけていて、今までのような重さを感じることはありません。

さて、今回勢いで買った「Axia Lite」ですが、本当に勝ってよかったです。

値段は3万円ほどでしたが、これで視力がアホみたいに落ちない限りは長年使うことになると思えば全然高くないでしょう。

というわけで、シャルマン・HOYAの共同開発メガネ「Axia Lite」はかなりおすすめですよー!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です