2013年4月4日

[ 日本語 ] 「オートマ」ってすごい略だな……

japanese_language_01_250

今日、気づいたんですが、「オートマ」って言う言葉、何ともなしに使っていますが、結構すごい略語だと思いませんか?

だって元々は「オートマチックトランスミッション」ですよ!「オートラ」とかじゃなくて「オートマ」! なんかすっごい中途半端なところで切られた感がありますよね。この略し方だと「自動ドア(オートマチック・ドア)」もオートマですね。ここまで来たらいっそのこと「オート」にしてても良かったかも知れません。

この中途半端な切れ方は、実はすごく珍しい略し方だと思います。だって、だれも「エヴァンゲリオン」を「エヴァンゲ」って言ったり、「うさんくさい」を「うさんく」って言ったり、「キムタク」を「キムラタ」って言ったりしませんから!

いろいろ考えていたら、なんか楽しくなってきました。

ところで、車の用語つながりですが、「パワステ」「重ステ」って言葉も面白いです。「パワーステアリング」の反意語が「重いステアリング」(笑)。ちなみに「パワーステアリング」とは、自動車で、ハンドルを回すときに少しの力で回るように補助してくれる装備です。なので重ステだと、人力だけでハンドルを回すため、重いんです。

そう言えば、「ハンドル」のことを英語では「steering wheel(ステアリング・ホイール)」と言います。なんでハンドルになったんやろ?? いやはや、車用語はむちゃくちゃで面白いですね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!