「あすたむらんど徳島」のダンジョン&塔がクオリティー高すぎな件

asutamuland-play-equipment-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

以前行って来たあすたむらんど徳島に再びやってきました。そしたら、またしても感動したので続編記事です。

前に行けなかった大型複合遊具

前回、「あすたむらんど徳島」に来たときにあまりにも時間が足りなさすぎて行けなかった場所がちらほらとあります。

その中でも心残りだったのが「大型複合遊具」です。

あすたむらんど徳島の大型遊具
あすたむらんど徳島の大型遊具
なんかすごい感じですね
なんかすごい感じですね

前来た時は、この前を思いっきりスルーしました。

……が!!

ここは行かないとヤバいレベルのとんでもないところでした。

ちょっとなにコレ?! 塔??
ちょっとなにコレ?! 塔??

あまりにもハイレベルな大型遊具ですよ!

誰ですか?! 徳島はマニアックな県だとか言ったのは!?

徳島の大型遊具はとんでもないハイレベルです! もう感動レベルです。

あすたむらんど徳島の大型遊具全体(入りきってないけど)
あすたむらんど徳島の大型遊具全体(入りきってないけど)

ちょっと写真では伝わりにくいんですが、めっちゃくちゃ大きいです。しかもこの上の写真の遊具たちは全部つながっています。

これって要塞ですよ
これって要塞ですよ

もう来年で40歳ですけど入りますよ! もう止めんといてください。

かぁー!! なにこの迷路! たまらんわ!
かぁー!! なにこの迷路! たまらんわ!

めっちゃ迷路ですやん! しかも立体の! 3D迷路ですよ!

これ結構複雑で登ったり下りたり、登ったり……とワクワクします。

塔に入るでー!!!

うわー! 来てしまいましたよ。塔ですよ! 塔!!

正式名称は「わんぱく砦」
正式名称は「わんぱく砦」

実はここ「わんぱく砦」って正式名称なんですが「わんぱく」なんて言葉を超越しすぎていてその凄さが伝わってきません(笑)。

あすたむらんどの塔
あすたむらんどの塔の2Fからの入り口

しかも何この橋?! 2Fからは橋から入ります。橋マニアの私はたまらんですよ。

このあたりから私の頭のなかではドラクエ2の塔の音楽が鳴り止みませんでした。あかんて! もうたまらんって!

ちなみにこの塔ですが、1Fからも行けます。……って1Fとか言っているし、完全にドラクエですよ。

1Fからも行けるよ
1Fからも行けるよ

しかもこの1Fのあたりのデザイン見てくださいよ。最高ですよこれ。

ドラクエ3の「ナジミの塔」の入り口が洞窟だったことを思い出さない人がいるんでしょうか?!(← もうええって

「わんぱく砦」の内部
「わんぱく砦」の内部

塔の内部に入りました。

塔の中はいろんな仕掛けが!

ちょっと興奮しすぎててうまく文章化できなくてすみません。とにかくこの塔の中がもうすごいんですよ。

アスレチック的というか、いろんな要素があります。

吊橋を渡る
吊橋を渡る

こんな吊橋があったり。

パイプみたいなのがあったり
パイプみたいなのがあったり
ロープのところ
ロープのところ

そうそう。ドラクエ3で「悟りの書」を取るときはこんなロープから飛び降りるんでしたね。

網目状にロープが貼ってある
網目状にロープが貼ってある

ああー「山彦の笛」ってこんなところにありましたよね(ドラクエ3では)!

ジャングルジム的な
ジャングルジム的な

ちゃんと迷路になっている!

この塔ですが、ただアスレチック要素があるだけではありません。

ちゃんと迷路になっています。

ちゃんと迷路にもなっていてすんなりとは登れない!
ちゃんと迷路にもなっていてすんなりとは登れない!

なので、上まで登ろうと思うと、割と迷います。

岩っぽいところ
岩っぽいところ

この岩っぽいのがいいですね。ダンジョンっぽさを盛り上げてくれます。

そして、登っていくとこんなものも!

鏡でうにょーっとなっているところ
鏡でうにょーっとなっているところ

歪んだ鏡です。

「塔の上の方」に行かないと鏡がない……というのも、これを作った方はちゃんとわかっていますよね。「ラーの鏡」は1Fにはありませんから!

そして気が付くとこんな景色です。

最上階に来てしまった!
最上階に来てしまった!

そうです! 最上階に来てしまいました。やばいです。

私、そんなにひどくないですがプチ高所恐怖症です。

下を見下ろしてみると……

ちょ……けっこう怖い……
ちょ……けっこう怖い……

うわ!! 結構高いやん……。本気で怖かったです。

もう一つの大きな「ダンジョン」もヤバイ!

さて、さっきの塔の最上階から逆方向を見ると……?!

なにやら違う迷路が見えます。

ワイルドマウンテンが見える
ワイルドマウンテンが見える

ここの名称はワイルドマウンテンという名前で、全体が山のような形をした施設です。

これだけ見ると大したことなさそうに見えますよね。でもここはダンジョンなんですよ。そう洞窟ですよ!!

ワイルドマウンテンの入り口
ワイルドマウンテンの入り口

上の写真には3つの入口があります。

  • 左端:「イライラ渓谷」の入り口(黄色い服の子が入ろうとしている)
  • 真ん中:「ワイルドマウンテン」を登る道
  • 右端:「暗闇迷路」の入り口(しましま服の子が入ろうとしている)

そうなんです。「ワイルドマウンテン」には「暗闇迷路」「イライラ渓谷」というダンジョンもあるんですよ。

ワイルドマウンテンを登ってみる

まずはワイルドマウンテンを登ってみましょう。

なんか迷路っていうほどでもない?
なんか迷路っていうほどでもない?

そうなんです。ワイルドマウンテンは登ってみるとそんなに大したことがないです。

別に迷路にはなっていないですね。なんやー、大したことないやんって思っていると……。

ん? 何この溝は?
ん? 何この溝は?
まさか? 迷路になっている??
まさか? 迷路になっている??

まじで!? こんなに細いのに迷路になってんの?!

ワイルドマウンテンの入り口
ワイルドマウンテンの入り口

ほら、これがさっき出した写真ですが、左端の入り口って細いでしょ? コレが「イライラ渓谷」なんです。

イライラ渓谷はまじで細いよ
イライラ渓谷はまじで細いよ

このイライラ渓谷の迷路は本当に細いです。壁が高くてどこにいるのか全く検討もつかないのが特徴です。

ただでさえ方向音痴の私には頭のなかに地図を描くことが全くできませんでした。

ワイルドマウンテンから見た「イライラ渓谷」
ワイルドマウンテンから見た「イライラ渓谷」

ワイルドマウンテンから見たイライラ渓谷です。ほら、細い迷路が続いているでしょ?

イライラ渓谷の別の入り口
イライラ渓谷の別の入り口

暗闇迷路がすごすぎる!

そしてこの「イライラ渓谷」と「暗闇迷路」がつながっていて複雑さをパワーアップさせています。

イライラ渓谷と暗闇迷路の境目
イライラ渓谷と暗闇迷路の境目

「イライラ渓谷」と「暗闇迷路」は、こんなめっちゃ狭い入り口で繋がっているんですよ。誰しもが通れるわけじゃないですね、まじで(笑)。

暗闇迷路は本当に暗い!
暗闇迷路は本当に暗い!

で、この暗闇迷路は本当に暗いんです! 上の写真は入り口ですけど、入り口とは別(ちょっと左)にちょろっと光が漏れている場所がありますよね?

これ、「イライラ渓谷」への入り口ですけど、そこから漏れている光があるからちょろっと見えます。この光がなければ本当に真っ暗です

おおー! 光が!
おおー! 光が!
出口に出ました!
出口に出ました!
こんな人型の出口も!?
こんな人型の出口も!?
この人型の凹みの中に出口が紛れ込んでいるんですね
この人型の凹みの中に出口が紛れ込んでいるんですね

人型の凹みが壁にある場所があるんですが、その中の1つがダンジョンへの出入り口になっているんですね。

いやー、マジたまらんです。

「暗闇迷路」に関しては暗くて写真も撮れなかったので写真が少なめですが、かなりすごいです。本当に迷いますよ。

え? 宝箱ですか? 残念ながら見つかりませんでした(笑)。

ハロウィンにはステキな企画開催中

はっ!? ジョークで「宝箱」って言って思い出しましたが、本当に宝箱が隠されていたんです!

実は、私が行って来たのはハロウィンの時期でして……。

「ハロウィンイベント」がステキすぎる!
「ハロウィンイベント」がステキすぎる!
 

こんな「ハロウィン宝さがし」っていうイベントをしていたんです。10月5日~10月31日の間(9:30~17:00)は公園内のどこかに毎日宝箱を5個隠しているんです!!

それを見つけて「インフォメーションセンター」に持って行くと特別アイテムと交換してくれるという、大人もテンションが上がりまくるイベントですよ。

もう絶対運営している人、ドラクエ大好きでしょ?? ドラクエ好きの私はハートをわしづかみされまくっていますよ!

というわけで1人で大興奮していますが、「あすたむらんど徳島」のドラクエっぽさは最強でした。

もうスクウェア・エニックスと組んでイベントしてほしいレベルです。四国の方も四国外の方もぜひぜひ「あすたむらんど」だけのために徳島に来るのも全然アリです。

あ、言うのを忘れていましたが、「あすたむらんど徳島」は、入園料は無料です

もちろん、この大型複合遊具も無料です。交通費が多少かかっても余裕でペイできる充実度ですので心からオススメします!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!