2016年11月4日

[北海道]旭山動物園は評判以上だった! 冬にも夏にもオススメです

asahiyama-zoo-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回は北海道で有名な動物園旭山動物園に行ってきました。2009年の冬と2016年の夏の2回行ってきたので、その写真を紹介します!

旭山動物園の情報

国内でも非常に人気の高い動物園が北海道旭川市にある「旭山動物園」です。

今回は札幌からレンタカーを借りて行きました。

住所
〒078-8205 旭川市東旭川町倉沼
入園料
  • 【大人】820円(市民は590円)
  • 【小人】無料(中学生以下)
営業時間
  • 【2月7日~2月12日】10:30~20:30
  • 【4月29日~10月15日】9:30~17:15
  • 【8月9日~8月15日】9:30~21:00
  • 【10月16日~11月3日】9:30~16:30
  • 【11月11日~4月9日】10:30~15:30
※ 詳しくは公式サイトでご確認を!
休園日
4月と10月の年に2回ほど、 10日から20日間ほどの休園期間があります
公式サイトでご確認を!
電話
0166-36-1104
公式サイト
旭山動物園公式サイト
備考
  • 旭山動物園内にはフリーWi-Fiスポットが数カ所あります。
  • 弁当の空き箱など、園外から持ち込んだものから出たごみは全てお持ち帰りください。
  • 指定場所以外での喫煙は禁止となっております。
  • 着ぐるみ、拡声器、旗、のぼり、テント類、風船、虫とり網、ソリ、リヤカー、ラジオフライヤー、ボール等の遊具、三輪車、ローラーシューズなど、動物園の雰囲気を損ねたり、他の入園者や展示動物に悪影響を及ぼすおそれのある物の持ち込みはできません。

旭川にある旭山……ちょっとややこしいですね(笑)。

旭山動物園の入り口

こちらは旭山動物園の入り口です。

旭山動物園の入り口です
旭山動物園の入り口です

大人は820円ですが、市民だと590円です。さらに中学生以下の子どもはなんと! 無料なんですね。

旭山動物園の入場券もなかなかいい感じ。

旭山動物園の入場券
旭山動物園の入場券

上の写真を見てみると、1つは「ヒョウ」、もう1つは「ワシ」のデザインです。

ぜんぶで何種類があるのかはわかりませんが、こういうのって楽しいですね。

こちらは入場してすぐのところにある広場。

旭山動物園に入ってすぐの広場
旭山動物園に入ってすぐの広場

お土産物屋さん、食堂もあります。

夏場はゆったりできますが、冬場は雪が積もっているのでアレですが。

こちらが旭山動物園のシンボルです。この前で記念写真を撮っている人がよくいます。

旭山動物園のシンボル
旭山動物園のシンボル

入場してから動物たちがいる場所までは、こんな感じの道を少し歩きます。

入場したあと動物のいる場所まで続く道
入場したあと動物のいる場所まで続く道

もちろん完全禁煙ですよー。

ちょっと行くと、水の流れている階段があります。

こんな水の流れる階段で遊べます
こんな水の流れる階段で遊べます

ここがなかなか楽しいですね。ピョンピョンと石を跳んで渡れるようになっています。

ちなみにこちらが冬季に撮った写真。ここは北海道です。もちろんあたり一面が雪になります。

雪が降るとこんな感じになります
雪が降るとこんな感じになります

よく見ると電光掲示板に「-2.5度」って書いてありますね(笑)。めちゃ寒いです。

7月末に行ったときは22.9度でした。

雪の日の旭山動物園の風景
雪の日の旭山動物園の風景

ととりの村

多少前後しますが、旭山動物園に入ってすぐ右手側にはフラミンゴ舎があります。

入り口に入ってすぐのところはフラミンゴたち
入り口に入ってすぐのところはフラミンゴたち

そして、その奥に「ととりの村」という水鳥たちがいっぱいいる地域があります。

「ととりの村」の入り口
「ととりの村」の入り口

「ととりの村」の中は広い空間になっていて、鳥たちが自由に飛び回っています。

「ととりの村」の中は広いよ
「ととりの村」の中は広いよ

白鳥たちがなんかめっちゃ鳴いていました。

「ととりの村」は水鳥の王国ですね
「ととりの村」は水鳥の王国ですね

ぺんぎん館

そして、こちらはぺんぎん館。旭山動物園の中でも目玉だと思います。

こんな感じで水のトンネルの中を通るんですね。

美しい水のトンネルを通る
美しい水のトンネルを通る

そしたら……

ペンギンがトンネルの上を飛んでいるかのように泳ぐよ!
ペンギンがトンネルの上を飛んでいるかのように泳ぐよ!

ペンギンが飛んでいるかのように泳ぎまくっています。

これは動画を録ったので、こちらをぜひ見てほしいです。

こちらは冬に撮影したペンギンたち。やっぱり雪が似合いますねー。

ペンギンと雪はやっぱり似合うね
ペンギンと雪はやっぱり似合うね

こんな感じで、外からは歩いている姿、トンネルからは泳いでいる姿を楽しめる作りです。

あざらし館

そして、あざらし館。

こちらもペンギンたちのように泳いでいる姿が見られます。

今回は時間がなくて行けませんでしたが、2009年に撮った写真があったので、こちらを。

大きなアザラシたちが泳ぐ泳ぐ
大きなアザラシたちが泳ぐ泳ぐ

こんな感じで、チューブ状のトンネルを泳いで上に行きます。

アザラシがチューブ状のトンネルを泳いで上の階へ
アザラシがチューブ状のトンネルを泳いで上の階へ

こちらは外から見た姿。冬に撮ったやつなので、寒そう……。

氷の浮いている水を泳ぐアザラシ
氷の浮いている水を泳ぐアザラシ

ほっきょくぐま館

そして、ホッキョクグマ館。いやー、ホッキョクグマはやっぱり北海道で見たいですよねー。

こんな近くでホッキョクグマを見られます
こんな近くでホッキョクグマを見られます

上の写真のような距離で見られます。もちろんガラス越しです。

このホッキョクグマ館では車椅子の方向けの「優先エリア」もありました。

車椅子の方向けの優先エリア
車椅子の方向けの優先エリア

よく考えられていますね。すばらしい。

うーん。やっぱり冬の雪の中でホッキョクグマを見たい。

雪の中のホッキョクグマ
雪の中のホッキョクグマ

さまになりますね。

オオカミの森

「オオカミの森」も見応えがあります。

このオオカミの森の入り口はこんなデザインです。

オオカミの森の入り口にはオオカミの群れの絵が
オオカミの森の入り口にはオオカミの群れの絵が

いいですねー。オオカミの群れの絵がかわいらしい。

そして、岩場の上には本物のオオカミが!

岩場の上でオオカミが寝てたよ
岩場の上でオオカミが寝てたよ

こうやって見たら、完全に犬ですね(笑)。かわいい。

でも起き上がると、やっぱり大きい!!

オオカミが起き上がると大きいですね
オオカミが起き上がると大きいですね

やっぱり犬とは雰囲気が違います。強そう。

そして、こちらは冬に撮った写真。

冬に撮ったオオカミの写真
冬に撮ったオオカミの写真

なんかじーっと見ているのですが、その視線の先はうちの娘たちなんですよ。

まだ小さかったのでエサに見えてたんやろなー(笑)。

みどころは「ヘアーズアイ」というドーム型の観察場所からの視点。

「ヘアーズアイ」というドーム型の観察場所からオオカミを見る
「ヘアーズアイ」というドーム型の観察場所からオオカミを見る

この「ヘアー」というのは「髪(hair)」ではありません。「野うさぎ(hare)」のことです。つまり、ノウサギ(オオカミに食べられる側)の視点から見たオオカミ。

オオカミの檻の中から、身近にオオカミを見られてすごい迫力です。

シマフクロウ舎

旭山動物園ですごく印象に残っているのがこちらのシロフクロウ。

これが超かわいいんですよ。

旭山動物園のシロフクロウ
旭山動物園のシロフクロウ

こちらは2009年に撮ったフクロウ。

雪の中のシロフクロウ
雪の中のシロフクロウ

なんか目をつぶっていて超かわいいんですけど。

シロフクロウの寿命は飼育下では20年以上も生きるそうで、もしかしたら上の2つのフクロウは同じフクロウかな??

あまりにもかわいいので動画も撮りました。

首をくるっくるっと回してかわいい。

レッサーパンダ舎

レッサーパンダもいます。写真がうまく撮れてませんが。

レッサーパンダが頭上を通るようになっている
レッサーパンダが頭上を通るようになっている

上の写真のように、頭上の橋をレッサーパンダが歩く姿を見られるようになっています。……運が良ければ。

わたしは2回行きましたが、どちらも見られませんでした。

もうじゅう館

うちの娘に好評の「もうじゅう館」です。いろんな猛獣たちがいます。

見てくださいよ、この標識。

トラがおしりを向けたらおしっこが飛んでくるらしい
トラがおしりを向けたらおしっこが飛んでくるらしい

トラがお尻をこっちに向けるとおしっこを飛ばすことがあるそうですね。これは危険すぎる(笑)。

こちらはアムールトラ。

アムールトラ
アムールトラ

ザ・トラですね。赤ちゃんトラたちもいて、じゃれあって可愛かったです。ネコみたいでした。

そして、迫力のライオン。

ライオンのオス
ライオンのオス

こんな間近でライオンを見たことがありません。もちろんガラス越しですが。

こちらはライオンのメス。

ライオンのメス
ライオンのメス

これも近い! いい写真が撮れました。

そしてクマです。エゾヒグマという名前。

エゾヒグマ
エゾヒグマ

いやー、たまにクマに出くわすというニュースがありますが、怖いですよねー。

こんなふうにクマの大きさと比較するようなコーナーもあります。

クマの身長と比較するコーナー
クマの身長と比較するコーナー

うちの長女がなぜか大好きなクロヒョウ。

クロヒョウ
クロヒョウ

たしかにカッコイイですね。ほんまに真っ黒や!!

逆にこっちはユキヒョウです。しろっぽい種類。

ユキヒョウ
ユキヒョウ

このユキヒョウのオリも工夫があります。

ユキヒョウのオリを見上げると上にいる
ユキヒョウのオリを見上げると上にいる

ほら、上の写真のように、クロヒョウの下を通れるんですね。

オリを見て「ユキヒョウはどこにおるの?」と思ってると上にいた!というビックリパターンですよ。

下を通るときはオシッコとかに注意です。

こちらはトラの後ろ足の大きさの体験コーナー。

トラの後ろ足との比較コーナー
トラの後ろ足との比較コーナー

旭山動物園にはこういうコーナーが随所にあって、動物のことを楽しく学べる仕掛けがいっぱいあります。

エゾシカの森

エゾシカの森ではエゾシカの家族たちを上から見下ろせます。

エゾシカの森では上からシカたちを見下ろせる
エゾシカの森では上からシカたちを見下ろせる

冬に行くとツノが大きいのを見られますよ。

迫力満点のシカのツノ
迫力満点のシカのツノ

オランウータン館

オランウータンは見られませんでした。

こんなところを歩いて渡る姿が見られるんですね。

オランウータン館
オランウータン館

うー。見たかった。

クモザル・カピバラ館

こちらはクモザル。

クモザル館のクモザル
クモザル館のクモザル

遊んでいる姿をギリギリ見られました。

旭山動物園は広いし、見どころがいっぱいなので、時間が足りなくなるんですよー。

タンチョウ舎

こちらはタンチョウ。

タンチョウもいるよ
タンチョウもいるよ

なんかシュールな写真になりました。なんでやろ。

両生類・は虫類舎

両生類・は虫類舎もなかなかおもしろいです。

こんな感じのトンネルがあって、ヘビたちを下から見られます。

蛇のトンネル
蛇のトンネル

こんな蛇の通路も頭上にあります。

蛇の通路もあるよ
ヘビの通路もあるよ

うわー、なんかヘビたちが頭上に大量にいますよ。ダメな人はダメでしょうね(笑)。

うんちが落ちてくることがあるので注意ですね。

カエルたちもいます。

カエルもいる
カエルもいる

かば館

そして旭山動物園にはカバもいます。

旭山動物園のカバ
旭山動物園のカバ

カバって意外とかわいいですよね。

お土産はぬいぐるみがオススメ

旭山動物園に来たお土産には、ぬいぐるみがオススメ。

こんなにいろんな種類があります。

旭山動物園のお土産はぬいぐるみがオススメ
旭山動物園のお土産はぬいぐるみがオススメ

旭山動物園で見つけた変なもの

あ、そうそう。旭山動物園にはなぜかタコの水道があるんです。

タコの水道があちこちに
タコの水道があちこちに

水族館でもないし、タコもいないはずなのに、なぜタコなんだろう(笑)。

コンクリートにこんなクマのような模様を発見。

コンクリートにクマのような模様を発見

どこにあるかは、ぜひ探してみてくださいね!

さて、今回は旭山動物園には2回目の訪問でしたが、やっぱり時間が足りませんでした

夏と冬に来て、全然違う雰囲気を楽しみましたが、やっぱり冬がオススメですね。

もちろん寒いんですけど、わたしのようにほとんど雪の降らない地域の人にとって、雪の動物園なんて超珍しすぎます。

評判どおり、本当にすばらしい動物園なので、大人も子どもも楽しめますよー♪

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!