2015年7月21日

毎日5つ以上のブログネタがわき出る!? ネタの集め方を大公開!

article-material-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回もブログ初心者に向けた記事です。「ブログのネタがなくて困っているんですー!」という話をよく聞くので、ネタ探しについて紹介してみます。

ブログのネタの集め方

私はブログのために、これといったネタ探しは意識してやっていません。ネタは500以上のストックがありますし、毎日5個ぐらいは書きたいネタが自然発生します(というか無意識にネタ探しをしていると思う)ので。

そんなネタまみれの私がやっている「ネタの集め方」をまとめてみました。

経験をネタにする

まずは自分の持っている技術や知識をネタに記事にする方法です。言い換えるとすでに知っていることをブログのネタにするということですね。

1自分の属性からネタを

まずは、ある意味最も簡単に書けるブログのネタ「属性から出てくるネタ」です。

特に書きやすいのは、場所的な属性ですね。私の場合は、香川県という片田舎に住んでいるので、香川県のことは県外の方よりも情報を多く持っています。それは愛県心が強いとか関係なく、住んでいれば自ずと地元情報をよく知っているので、簡単に書けるわけですよ。

その土地の神社とかは地元では有名でも外の人には新鮮
その土地の神社とかは地元では有名でも外の人には新鮮

そこから発展して、地元のグルメ、特産物についてとかも、県外の人よりも詳しく書けるハズです。こういうネタは、日記的につらつらと書くだけでも面白くなることもあり、一定の需要が常にあると思います。

私はひたすら讃岐うどんの記事を書くよ
私はひたすら讃岐うどんの記事を書くよ

他の属性で言うと「生まれた年代の属性(同世代に共感されるネタなど)」とか、「性別の属性(同性の共感を得られるようなネタ)」もアリです。共感度が高いネタだとSNSで拡散されやすいと思います。

2自分の体験をネタに

自分が能動的に、もしくは受動的に体験したことをブログのネタにする方法で、世界中のブログのネタとして最も多く使われている手法の1つです。

体験とは言っても、ただ単に「朝起きて歯を磨いてトイレに行った」という何の変哲もない体験では誰も興味を持ってくれないのでご注意を! こういう記事は、書いている人が芸能人とかで、執筆者自体にブランドがないと99%つまらないです(笑)。そこに、その体験を通して感じたこと、社会に対して思ったことなんかに話が広がると一気に面白くなりますが。

ただ、普通の日常を面白く書くのは超難しいと思うので、人と違う体験とか珍しい体験、大失敗した体験などを率先して書くのをオススメします。体験そのものに希少価値があれば、日記のようにダラダラ書いても面白いと思います。

闘病日記なんかは同じ境遇の人から非常に喜ばれます
闘病日記なんかは同じ境遇の人から非常に喜ばれます

オススメは病気の体験記事とか、恋愛やダイエットで成功(もしくは失敗)したネタとか。成功したらその秘訣を、失敗すれば「こうすればよかった!」なことを書けます。

ほかにも、高校や大学の受験勉強ネタ、旅行で見たもの、食べたもの、買ったもの、嬉しかったこと、困ったこと……経験はすべてがネタになります。まさに無限大。

自分では当たり前に思っていることでも、周りの人にとっては新鮮なんです! あなたが「え? こんなこと知らない人いるの?」っていうレベルのことも実は一般的には知られていないということをマジで知っておいた方がいいと思います。マジマジ!

3自分の知識をネタに

そして知識をネタにする方法です。例えば、自分が働いている業種の知識。私の場合は仕事として、データ入力の仕事、デザインの仕事、日本語教師、WEB制作……なんかをやって来ました。なので、その中で得た知識やスキルは出来る限り「How to ネタ」としてアウトプットしていっています。

私の場合はデザインの知識とか
私の場合はデザインの知識とか

そういう記事は非常に手間がかかりますが、求めている人も多いハズです。特に偏った業種、変わった仕事をしてきた方の場合は、こういうネタは活きてきます。

実際のところ、ネット上に出回ってないネタってまだまだあるんです。もちろん、企業の秘密情報とかは常識や道徳というフィルターを通してから記事にするかどうか決めてください。

メディアからネタを得る

新しくメディアを通して得た情報をネタとしてアウトプットする方法です。

ただし気をつけたいのは、ただの情報の横流しではGoogleからするとノイズ……もっと言うとゴミ同然と判定されます。

自分の思想や経験、感情のフィルターを通して、自分なりの意見や熱い想いなんかを、必ず引用文章の倍以上は入れるようにしましょう。それだけでゴミ記事から「世界で最も熱い記事」に早変わりです。

引用は、ほかの記事から少しだけだったら良いですがほとんどが引用になるとそれは盗用と呼ばれる行動になりますのでご注意を!

1テレビ・新聞・雑誌でネタ探し

photo credit: Thomas Hawk via photopin cc

まずはテレビ、新聞、雑誌などで観たものをネタにする方法です。

特にテレビは未だに、最も日本に浸透している情報収集メディア だと思います。一番いろんな人たちが見ている可能性が高く、共通のネタということです。なので、皆も興味を持ちやすいと思います。私は一切見ないので書けませんが。

2書籍・映画をネタに

妖怪ウォッチオリジナルサウンドトラック(仮)
Amazon『妖怪ウォッチオリジナルサウンドトラック』より

書籍や映画をネタにする場合です。もちろん漫画も含みます。これらはメディアというよりも、「1つの作品」と呼んだ方が適切ですね。なのでこれをネタにブログを書くと、書評というジャンルになる場合がほとんどかもしれません。

こちらはストーリーをそのまま書くと小学生の読書感想文になりますので、自分の思想なんかと照らし合わせて書きましょう。

3インターネット・SNSから鮮度の高いネタを

情報のスピードが最も速いメディアがインターネットなので、そこから鮮度の高いネタを仕入れるのは合理的です。最新の流行っていることなどを発信するブログを運営したい場合は必須ですね。

TwitterFacebookを始めとするSNSから情報収集することも含みます。

ということで、ブログを書く上でもこちらはスピード勝負だと言えるでしょう。いかに速く執筆してGoogleの検索結果に載るかの勝負です。多少検索結果では弱いブログでも、誰よりも桁違いに速く情報をアウトプットすることができれば、優位に立てます。

ただし、メディア・リテラシーと呼ばれるスキルが必要です。

メディア・リテラシー(英: media literacy)とは、情報メディアを主体的に読み解いて必要な情報を引き出し、その真偽を見抜き、活用する能力のこと。

メディア・リテラシー - Wikipediaより引用しました。

ほかの方の記事に対する賛同意見とか反対意見を熱く語るという方法もありますね。他の人が書いた記事にすごく心を揺さぶられたときはやってみてもいいかもです。

ついでに、以前書いた「私のブログの書き方」という記事で、ネットを使った情報収集についてもう少し詳しく書いていますので、ご参考に!

自分が頭で考えたことをネタにする

自分がふと考えたことをネタにする方法です。これが一番高度かもしれませんが、一番おもしろくなる可能性があります。なぜなら一番個性が出るところだと思うからです。

人は皆が違います。経験も違うし、生まれた環境も違う、選ぶものも違います。なので、同じ事象を見ても考えることが全然違うわけです。

1何か行動をして考えたこと

人は1日の中でいろんな行動をします。朝起きて、顔を洗って、トイレに行って、朝ごはんを食べて……朝やることだけでも書ききれません。

洗濯の効率の良い干し方を考えた記事とか
洗濯の効率の良い干し方を考えた記事とか

その中で、例えば毎日やる洗濯物干しなんかでも、こうやったらもっと速く洗濯物を干せるのではないか?って考えたら、それがネタになります。「ライフハック」と呼ばれるジャンルですね。

ライフハックネタは求めている人がすごく多いので、オススメです。新しいことを考えるのが得意な人はガンガン発信しましょう!

2ふと思い浮かんだもの

一発ネタとか、なんか突然思い浮かんだぞ!ってものをネタにするのはどうでしょうか。これはかなり個性的でオンリーワン臭がすると思います。

ネタ系の記事
ネタ系の記事

私はあまり書いていませんが「『止まれ』の標識についてふと考えた」のような記事がそうだと思います。ネタ系の記事ってことですね。

3強い感情を持っているもの

現在強く持っている感情から記事を書くこともできます。

例えば「来週行く沖縄旅行が楽しみ!!」「うがー!!! 毎日ピザを食べたい!」と言った熱い感情は良い記事を生みそう ですね。「私がピザが大好きでたまらない100の理由」とか面白そうですね。まぁ、そんなに書けませんが(笑)。

好きな音楽とか
好きな音楽とか

好きなものについてもこの分野に入りますね。好きな漫画、好きな音楽、好きな映画など、好きなものっていくらでも書けますよね。しかもマニアックに。

逆に「くそー! 何でウチの上司は残業をしないくせに部下には強いるんだよ!」みたいな負の感情もブログのネタになります。ただし、ネガティブなネタは感情的になりやすく、人に不快感を与えることもあるので気をつけないと。

自分の作品をネタにする

最後に自分の作品をネタにするという方法です。今更ですが、「ブログ」っていうメディアが個人に与えたインパクトはすさまじいですよね。

もしインターネットが、ブログがなければ、どうやって不特定多数の人に自分を表現ができるのでしょうか? 私には皆目検討もつきません。

1自分の撮影した写真

自分の作品で最もポピュラーなものの1つが写真です。携帯電話や、iPhoneを始めとするスマホにカメラが標準装備されていることもあって、SNSに写真投稿をしている人は多いと思います。

水田の写真を撮るのが大好き
水田の写真を撮るのが大好き

その写真もSNSだけでなく、ブログのネタになります。プロの写真だけでなく、日常で適当に撮った写真だとしても立派な作品だと思います。

ただし、自分や撮られた人のプライバシーが不必要に漏れそうな写真は控えましょう。顔や車のナンバーにモザイクやぼかしを入れるなどをして。

周りの人の顔はボカシやモザイクでわからないように
周りのお客さんの顔はボカシやモザイクでわからないように

あと、検索されることも考えると、写真だけでなく、その写真についての想いとか背景を文章でしっかりと書いた方が良いです。

Googleは写真画像だけでは「何もない」と判断する(←つまり文章しか読んでくれないということ)ので、写真だけで文章が無いと、検索結果に現れませんので。

2自分の作った作品

そして自分の作った作品をブログのネタにする方法です。動画、音楽、小説、詩、イラスト、漫画、服、陶芸……いろんなジャンルがあります。

私の作ったLINEスタンプとか
私の作ったLINEスタンプとか → 詳しくはこちら

これらを制作するのが好きな方、得意な方は、ブログはそれらを表現するのには持ってこいの場所です。よくFacebookで投稿する方は多いのですが、個人情報流出に問題がないものに関してはブログを使う方がお勧めです。

理由はFacebookは友達数名が「いいね!」したら流れ去って終わりなのに対し、ブログの場合はインターネット上に蓄えられ、Googleに検索され、今後人の役に立つことがあるかもしれないからです。

更に言うと、その作品が有名な方の目に触れて、大ブレイクする可能性もゼロではありません。作品を家の押入れに入れておいてもホコリをかぶるだけですが、ネット上に発信するだけで自分の夢に向かわせるアクセルになるかもしれないってことです。

3自分の思想

ここでは「思想」を、敢えて「作品」と呼んでいます。思想をアウトプットすることは、自己表現と呼べるからです。

配偶者を「主人」って呼ぶのはオカシイと思う
配偶者を「主人」って呼ぶのはオカシイと思う

自分の思想をアウトプットするのは快感ですもちろんその場所はブログじゃなくても良いと言えば良いのですが)。別に自己満足でいいんです。自分のブログなんですから、自由に思想を表現すればいいんじゃないかなと。

基本的にどんな思想でも共感してくれる人と、反対意見の人がいます。なのでコメントでネガティブなことを書かれる可能性があることも知っておきましょうね。

最後にネタを探すためにはアンテナを張っておくこと(特定の情報を収集するために、その分野の情報に対して注意深くしておくこと)が大切かなと思います。

例えば、ボーっとテレビを見てても、私はジェンダー関係の話題に関心があり、そういう分野のアンテナを張っているので、話題がチラッとでも出ると反応し、それに対して自分の考えがわき上がってきます。

それと、地方に住んでいるブロガーで「東京はネタだらけでいいよなー」って思っている人! 実は地方にはネタだらけだということも知っておくと良いです。

そういうアンテナを敏感にさせるためには、自分が今興味を持っていることなどをちゃんと頭で理解しておくことが大切です。意外と人間って自分のことをよく知らないので。

あ、最後にもう一つ! ネタが浮かんだらすぐにメモしましょうね! スマホでも紙でも何でもいいので絶対に!!

現在、私の運営するオンラインサロンでは、メンバーを募集しております! ブログのアクセスを増やしたい方、下記からどうぞ!

ヨッセンスクール

こんなネタもオススメかも!

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!