子ども向けのアニメの女の子が型にはまりすぎてて問題な件

animation-for-kids-300

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

今回はアニメの中に登場するヒロインが子どもたちに与える悪影響について考えてみました。

子ども向けアニメのヒロインって……

アニメや漫画や絵本の中の女の子のキャラクターって設定が偏っていますよね。

特に「男性キャラが中心の漫画」に出てくるヒロイン的なキャラは、「真面目」「恋愛に憧れる」「オシャレに関心がある」「優しい」「受動的」「可愛い物が好き」「ピンクが好き」……とこんな感じですよね。

困ったことに、特に小さい子向けのアニメキャラはその傾向が強い気がします。『妖怪ウォッチ』、『アンパンマン』、『おかあさんといっしょ』、『はなかっぱ』、『ドラえもん』 をはじめとする藤子アニメ……。挙げていくといっぱい出てきますよー。

『ドラえもん』を例に出すと

例えば、『ドラえもん』を例に出すと、主人公のび太、お助けキャラのドラえもん、ガキ大将のジャイアン、お金持ちのスネオ、そしてヒロインのしずかちゃんが主要キャラクターです。

どっちでもいいけど、漫画では「しずちゃん」になっています。英語版では「スー(Sue)」です(笑)。

名前はどうでもいいんですよ。それよりもこの主要キャラを見て気になりませんか?

女の子が1人しかいないんですよ!

女の子は一緒くたで1つの性格

もちろん『ドラえもん』は元々男の子向けの漫画だから男の子中心なのは仕方がないというのもわかっています。でもすごく気になるんですよ-。

「ドジで勉強できない子の代表=のび太」「悪ガキの代表=ジャイアン」「お金持ちの子代表=スネオ」という風に男の子はいろんな子がいます。

でも女の子は「真面目な子代表=しずか=女の子」という風に世にたくさんいる女の子の個性が、たったひとつの性格に凝縮されているように見えるんです。

つまり、女の子の性格が1つしか提示されていないんですね。『ドラえもん』は国民的アニメですからね。女の子もいっぱい見ているので、この辺をなんとかしてほしいですね。

『妖怪ウォッチ』も同じ構図

実は、現在子どもたちに超絶人気の『妖怪ウォッチ』も同じような構図なんですよ。

参考: テレビ東京・あにてれ 妖怪ウォッチ

男の子キャラはいろんな個性があるのに、唯一主要キャラに入っている女の子「フミちゃん」は型にはまったような「女の子キャラ」なんです。しずかちゃんと同じような感じです。

女の子って男の子と比べて個性がないわけじゃないです。偉そうな子もいるし、オドオドした子もいるし、ふざけん坊の子もいるし、真面目な子もいる。なのに、アニメの中の女の子はそういうのが見えてこないんです。

これを女の子も男の子も問わず、全国の子どもたちが見ているんですよね……。

たかがアニメ……って問題じゃないよ

これ、たかがアニメ……って問題ではないと思います。

こういう視聴率の高いアニメがこぞって、「女の子はこうあるべき!」を表現していると、問題アリアリな気がします。それを見て子どもは学ぶんですよ。

逆に男の子キャラは多様性がありますよねー。私自身、『ドラえもん』のどのキャラににも共感できかなったから、これでも少ないぐらいですけど。

でも最低でも男の子には多様性が認められているということは伝わります。

もっと女の子の多様性を……

女の子に多様性が認められているというメッセージをもっと日本のアニメ、漫画、絵本の中で出してほしいですね。

今の日本って女の子が未来の可能性を自分から限定していることって多いと思うんです。性別を理由に何かを諦めるなんて馬鹿げているにもほどがありますよ。

多角的視点を持った作品がお茶の間をにぎわすようになってほしいなあと切に思います。『おさるのジョージ』とか見習ってほしいわ。

そもそもなんですけどね、国民的アニメにおいては女の子の主人公率が低いです。

ちびまる子ちゃん』は例外ですが、圧倒的にまる子の周りの男子キャラの個性の方が強いですよね。

男の子が主体で女の子はその補佐的な役目……という役割分担を知らないうちに植え付けられるのを何とかしてほしいです。

そうそう。結婚して名字を変えるのは女性が9割という現実も、社会の主役は男性という考えを強調していますよね。こちらの記事もどうぞ。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!