2015年8月24日

「酒を一緒に飲んで初めて打ち解け合える」っていうのは迷信ですよね?

alcohol-is-not-important-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

時々、本気で言っているのかわかりませんが「酒を一緒に飲んで初めて打ち解ける」みたいなことを言う人がいます。私、これが昔から疑問で疑問でたまらなかったんです。今回はそんなお話。

酒を一緒に飲まないと打ち解け合えないの?

いやー、ほんまに意味が分かりません。人間と人間が打ち解け合うためになんで酒が必須条件になるんでしょうか。私は「酒を飲んで初めて打ち解ける」という日本語の意味がまだよくわかりません。

私はそんなに多くはありませんが普通に友達がいます。でも一緒に酒を飲んだことがない友達もたくさんいます。ってかむしろ、そっちの方が多いんですけど。

じゃあ、酒を飲み交わした友達より親密度が低いのかと言われると、そんなことないです。打ち解けるかどうかに酒を一緒に飲んだかどうかは評価対象に入りません。そんなことよりも、2人の感覚とか思考の問題で、お酒というアイテムは関係ないでしょ?

「~しなければ~ない」の構文が嫌い

そもそもですけど、「~しなければ~ない」的な構文が大嫌いなんですよね。

「家族を養えなければ男じゃない」とか、「会社に入ったら3年は我慢しなくてはならない」とか「3歳まで子どもの世話をしないと子どもの発育によくない」とかいろいろあるんですけど、どれもこれもアホくさいです。

誰かが勝手に言っているだけで、そぐわないと「男じゃない」とか、本気で脳みそのエラーチェックした方がいいですよ。たぶん深刻なシステムエラーが出ているはずです。

そういう決め付けって逸脱した存在を否定することになるし、するべきではありません。もう21世紀なんだからそんな神話的なもの信じてどうするんでしょうか。ついで言うと私は、名前の画数占いとか、血液型占いとかも嫌いです(笑)。

宗教的にお酒を飲めない人もいる

ここで言う「逸脱した存在」というのは、宗教的にお酒を飲めない人とか、体質的にアルコールがダメな人です。

そういう人もいることに対する想像力が明らかに欠如しています。日本は狭い国ですけどね、いろんな人がいるんです。皆が仏教徒だと思ったら大間違いやで。

酒が好きな人もいるし、酒が嫌いな人もいる。酒を飲むと好調になる人もいるし、酒を飲むとテンションが下がりまくる人もいる。いろいろいるんですよ。

多様な人がいて、多様な価値観があるのに1つの価値観で「酒飲めないやつダメ」みたいにプレッシャーをかけるような思想は悪です。

「酒を一緒に飲んで初めて打ち解ける」という風に普遍性というオブラートをかぶせるのはやめて、本当のこと言ってくださいよ。気づいているんでしょ?

ただ単に、あなたが酒の力を借りないと自分から話ができないだけだってことに。

え? 私ですか? 私にはそれができるのでお酒は不要ですよ。

最後に誤解のないように言っておきますが、私はお酒は好きです。飲む習慣はありませんが、体質的にかなり強い方です。

でも「酒のお陰で人と強く結びつけた!」という経験は今のところ皆無です。

続きの記事も書いたのでぜひご覧ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!