重要じゃないトコは省略しろ!!「友達のお父さんのお兄さんの……」にイラっとする件

abbreviation-336

こんにちは! ヨス(@yossense)です。

私は基本的にほかの人の話を聞くのは好きです。「聞き上手」と言われることも多いのですが、それでもどうしても我慢できないこともあります。今回は話を聞いていてイラっとくる1つのことについて。

友達のお父さんのお兄さんの……

ほら、話を聞いていて、人を表す主語がアホみたいに長いときってないですか? こういうやつです。

友達のお父さんのお兄さんの会社の社長が詐欺で捕まって新聞に載ったらしいよ。

こういうことを言う人っていますよね? 私、こういう関係を理解するためには図に書いてもらわないと頭では処理が追いつきません。

なので、こういう風に話されると「うっ……」となります。まぁ、率直に言うとイラっとするわけですよ。

だって、言いたいことは「知っている人(身近な人)が詐欺で捕まって新聞に載ったこと」ですよね??

もう主語は「知り合い」とかでいいんじゃないんですか? 伝えたいことはソコちゃいますよね?

さらにウザい例

こういう複雑な人間関係を説明しようとするとこうなることも多いんです。

友達のお父さんのお兄さんの会社の社長がさー……ん? あ、じゃなくて、友達のお父さんのお兄さんの知り合いの会社の社長が、詐欺で捕まって新聞に載ったらしいよ。

んもうー! どっちでもええねん!!

いや、もう間違えててもこっちはわからんし、ソッコー忘れているので、そんなのどっちでもええです。それよりも主語を「知り合い」に置き換えろ!!

ブログでも同じ

ブログでも同じです。私はそういうのはすべて「知り合い」とか「知り合いのお姉さん」みたいなレベルにとどめています。だってそこは重要じゃないもの。

物事には重要度があります。重要じゃないところは出来る限りはしょって、重要なところに焦点が行くように工夫しましょう

デザインもそうですね。以前の記事で「掲示板のようなチラシは吐き気がする……」というようなことを書きましたが、目立たせたいところを目立たせるには他の部分で引き算しないといけないってことです。

さて、今回は話でも文章でもデザインでも重要度が低いところははしょりましょうという話でした。

漫画でもそうです。背景は細いラインで、キャラクターは太いラインで描いていることが多いのはそういうことですね。目立たせたいのはキャラクターの動きですから。

この記事が気に入ったら
「いいね!」で情報GET!

Twitterでヨスをフォローしよう!

この記事のシェアはこちら♪

※ 微妙だったら、そっと閉じるか、ほかの記事を見ていただけるとうれしいです!